日米と6カ国がアルテミス合意に署名

日本、米国、6カ国のパートナー国が、宇宙探査協力の指針となる実践的な原則作成に合意しました。

アルテミス合意は、オーストラリア、カナダ、イタリア、日本、ルクセンブルク、アラブ首長国連邦、英国、そして米国の代表によって署名が行われました。探査、科学、そして商業活動を万人が享受するための安全で透明性の高い環境を整備するものです。

「アルテミスは、歴史上最も広範で多様性に富んだ国際有人宇宙探査プログラムとなるでしょう。この合意は、それを構築するための唯一の世界的な協力体制なのです」と、ジム・ブライデンスタインNASA長官は述べています。

「アルテミスにより我々は月を目指しますが、合意の目的は平和で繁栄する未来です」。マイク・ゴールドNASA副長官代行(国際関係・機関協力担当)はこう付け加えています。