沖縄における在日米軍施設・区域の統合のための日米両国の計画の実施に関するキャロライン・ケネディ駐日米国大使の発言

こんにちは。 本日、沖縄における土地の早期返還に関し日本政府および米国政府の間で達した重要な合意を、菅官房長官と共に発表でき ることを光栄に存じます。安倍首相ならびに菅官房長官のリーダーシップと、沖縄県民の生活を向上させようとする日々の真摯(しんし)な 取り組みに敬意を表します。
続きを読む»

ケネディ大使、沖縄を訪問(2月11日~13日)

キャロライン・ケネディ大使は2月11日、就任後初めて沖縄県を訪問した。大使は2月12日、沖縄県平和祈念公園を訪れ、国立沖縄戦没者墓苑で献花をし、沖縄戦で亡くなられた兵士および民間人を追悼した。 そして、平和祈念資料館を見学した後、同資料館で、「沖縄県は、およそ500年間にわたり非常に重要な役割を果たしてきた。この場所には、沖縄の人々が払ってきた犠牲と、戦争や暴力をなくすために沖縄が果たしている指導力を示すものである」と述べた。 ケネディ大使は、沖縄県の仲井眞弘多知事と会談し、日米共通の関心分野について話し合った。大使は、 父、ケネディ大統領が下院議員時代の1951年、(アジア旅行中に)病気の治療で沖縄の米海軍病院(当時は陸軍病院)に入院した際のビザ申請書のコピーを 知事に贈った。知事との会談後、ケネディ大使は首里城を訪れ沖縄の独特な歴史と文化について学び、首里高校では学生と詩や俳句について話し合った。 2月13日午前、ケネディ大使は嘉手納スペシャルオリンピックの主催者らと会った。昼食後にはキャ ンプフォスターを訪れ米軍関係者らと会い、激励の言葉を述べた。その後、新築された米海軍病院を視察し、キャンプシュワブに向かった。キャンプシュワブで は、普天間代替施設計画について説明を受けた。
続きを読む»

ケネディ大使、沖縄訪問 2月13日(木)のスケジュールについて

下記のスケジュールは、在沖縄総領事館が2月13日に沖縄県の報道機関に対して公表したケネディ大使の同日のスケジュールです。 2月13日(木) 午前 〔嘉手納スペシャルオリンピックス主催者との懇談〕 ・故ケネディ大統領の妹ユニス・シュライバー氏が「スペシャルオリンピックス」を1968年に設立した経緯があることから、ケネディ大使もスペシャ ルオリンピックスに深い関心を寄せており、今回、嘉手納スペシャルオリンピックスの主催者との懇談を行い、その活動を激励しました。主催者側からは下記の 説明が行われました。 ・嘉手納スペシャルオリンピックスは、嘉手納空軍基地において特別支援を必要とする方々のために開催されています。2000年の第一回大会にはわず か100人の参加しかありませんでしたが、現在はその約15倍、太平洋地域において最大の米軍地域支援イベントとなっています。 ・一日を通して18の競技やアート展が行われ、参加している競技者やそのご家族のために音楽やエンターテイメントも提供されます。 ・2013年には1,460人の競技者が参加し、それを500人の日本人ボランティアと1,800人のアメリカ人ボランティアが支えました。競技者の99%は沖縄県にある77以上の特別支援施設からの参加でした。 〔キャンプ・フォスターにおいて在沖米軍兵士とその家族を激励〕 ・キャンプ・フォスターにおいて、在沖米軍四軍の約200名の軍人とその家族に会い、日米安全保障への貢献に対する労をねぎらい、激励しました。 2月13日(木) 午後 〔米海軍病院を視察〕 ・2013年3月に新築された米海軍病院において、病院内の視察および病院関係者から同病院における日米の協力について下記のとおりブリーフィングを受けました。 ・米海軍病院では毎年6名の日本人医師をインターンとして受け入れしており、医療現場における日米の違いを学ぶことによって、将来、国際的な活動に応用できる技術を学んでもらっています。 ・また地元看護学校との連携も行っており、スタディ・ツアー等の受入れを行っています。 〔キャンプ・シュワブを視察〕 ・陸路にてキャンプ・シュワブを視察し、普天間代替施設に関する説明を受けました。 〔那覇空港から東京へ出発〕 ・午後2時頃、那覇空港より離沖しました。
続きを読む»

ケネディ大使、仲井真沖縄県知事を表敬

ケネディ大使は沖縄県を初めて訪問し2月12日、仲井真知事を表敬した。大使は県平和祈念公園(糸満市)を訪ね国立沖縄戦没者墓苑で献花、子供たちのためにより良い未来とより平和な世界を築きたいという希望を 述べた
続きを読む»
さらに表示 ∨