プレスリリース:三木谷浩史氏の寄付により日本人のフルブライト奨学金および日米間の教育の機会を拡大へ

日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)は、楽天・三木谷浩史会長兼社長が、米国のフルブライト・プログラムに参加する日本人を支援するため、個人として9,000万円(ほぼ100万ドル)を寄付し「フルブライト・三木谷記念奨学金」を設立したと発表しました。三木谷氏と共に米国大使館のジョセフ・ヤング臨時代理大使も発表の場に出席しました。

続きを読む»

ビジネスと安全保障における女性のネットワークを強化

市民生活と経済生活への女性参加を十分に推進することで、社会はさらに繁栄し平和になります。国務省はインターナショナル・ビジター・リーダーシップ・プログラム(IVLP)の実施を通じて、国内外で女性の活躍を推進するグローバルネットワークを強化し、コミュニティとグローバル市場でリーダーとなる女性の育成を図っています。

続きを読む»
さらに表示 ∨