米国-日本ホスピタリティマネジメントサミットを開催

在日米国大使館商務部・在日米国商工会議所がホスピタリティ人材育成サミットを日本で初開催文化観光プロジェクトマネジメント委員会(文化観光リサーチ株式会社内:東京都港区)は、米国大使館商務部及び在日米国商工会議所と共に、2019年10月28日(月)に大阪、及び10月30日(水)に東京の日程で、日本政府(観光庁・文部科学省・経済産業省)の後援により、米国-日本ホスピタリティマネジメントサミットを初開催します。会場は、大阪:関西外国語大学中宮キャンパス、東京:衆議院国際会議室です。本サミットの目標は、日米政府が協力し、国際競争力のあるマネジメント人材の育成プログラムを開発することにより、日本のインバウンドツーリズムを長期的に持続成長させることです。 本サミットの目標を達成するため、米国大使館商務部及び駐大阪・神戸米国総領事館は、世界的に評価の高い観光経営プログラムを有するネバダ大学ラスベガス校ら6大学を米国より招聘し、各大学の取り組み事例を紹介します。日本のホスピタリティ業界、特にインバウンド業界は、劇的に成長し続けています。 この成長を持続させるためには何千人もの管理職が必要とされ、日本の大学には、優秀な日本人学生への人材育成プログラムが求められています。 そして、学生には、英語をマスターし、海外で生活するのに申し分ないグローバル思考を身につけ、単位を取得できるインターンシップ制度を通して業界で働くことが求められています。 現在、このような管理プログラムを日本国内で実施している学校はほとんどありません。 本サミットの目標は、最先端のresearch-oriented(研究プロセスや課題を重視する)分野でトップランクに位置する米国のホスピタリティ・プログラムを導入することで、上述のプロセスをロケットスタートさせることと、業界の幹部候補になるための学生の育成方法について話し合うことです。大阪と東京で開催される両サミットでは、米国と日本の大学、ホテルやテーマパークなどホスピタリティ業界のリーダー、観光に携わる官公庁の幹部が登壇します。この目標は、上述の通り、広義のホスピタリティ分野にわたるインバウンドの成長を持続させるため、必要とされる何千人もの幹部候補生を輩出するためのビジネス視点でのホスピタリティ・プログラムを共有することです。広義のホスピタリティ分野には、ホテル、テーマパーク、アミューズメント・エンターテインメントセクター、DMO(Destination Marketing Organizations)、MICE (Meeting-Incentive-Conference-Exhibitions)、スポーツおよびメガイベント、文化遺産施設、博物館などが含まれます。本サミットでは、日本のホスピタリティ・マネジメントの必要性に関し、産業界のリーダーらによる議論に加え、米国と日本の参加大学に対し、パートナーシップ提携に向けた一対一の協議の機会を提供します。本サミットの詳細と登録については、こちらをご覧ください。

続きを読む»

海外企業を引き付ける堅調な米景気

2017年の外国企業の対米投資額は4兆ドルを記録しました。これほど企業投資を引き付ける国は他にはありません。好調な景気を背景に多くの企業が、圧倒的な規模を誇る世界最大の消費者市場に製品を売り込もうと進出しています。

続きを読む»

ビジネスにオープンな米国で開催される「2016セレクトUSA(SelectUSA)対米投資サミット」への参加登録開始

ケネディ駐日米国大使から、あらゆる規模の日本企業の皆様に、2016年6月19日から21日までワシントンDCで開催される「第3回セレクトUSA (SelectUSA)対米投資サミット」の参加登録を開始(英語サイト)したことをお知らせします。今回のサミットのテーマは「The Innovation Advantage」 です。世界中の投資家に全米各地への投資機会をご紹介するとともに、著名なビジネスリーダーや政府要人からは、最新のイノベーションや動向に関する見解をお話しいた だく予定です。 セレクトUSA は、5年前にオバマ大統が発足させ、政府一丸となって取り組むプログラムです。当プログラムを主管する米国商務省のペニー・プリツカー長官は、「世 界のビジネスリーダーは、3年連続で米国を魅力ある投資先の第1位に挙げています。活力溢れる革新的な文化、高い技能と生産性を有する労働力、魅力的な消費市 場など、米国が有する最大の強みの一端を明らかにする機会、それがセレクトUSA対米投資サミットです 」と述べています。 2015年のセレクトUSA対米投資サミットには、70以上の海外市場から企業や経済団体などが参加したほか、全米50州、ワシントンD.C.、プエルトリコ、グアム から経済開発組織(EDOs)などの代表も参加し、何千人もの方々にお集まりいただきました。2016年サミットはこの大成功を受けての開催となります。 日本からは、サントリーホールディングス株式会社の新浪剛史・代表取締役社長や日産自動車株式会社の志賀俊之・副会長をはじめ、約90名の財界人で構成 される代表団にご参加いただきました。新浪社長には全体会議でスピーチしていただき、志賀副会長からは、1億5,000万ドルを投じてテネシー工場を拡張し、 1,000名を追加雇用するという発表がありました。在日米国大使館商務部は多数のイベントを開催し、日本代表団の新規コネクション開拓と投資機会の拡大を支援し ました。また佐々江駐米日本国大使とケネディ大使の共催により、日本大使公邸でレセプションが開催され、ペニー・プリツカー商務長官、テリー・マコーリフ・バージニア州知 事、ラリー・ホーガン・メリーランド州知事、日産の志賀副会長、米連邦議員2名に出席いただきました。 ケネディ大使は「昨年は日本代表団と共にサミットに参加しましたが、当サミットは、規模を問わずすべての投資家にとって絶好の機会となります。環太平洋パートナー シップ協定の実施を控えた今年のサミットは、より一層重要なものとなります」と述べています。 前駐ベリーズ米国大使で、現在はセレクトUSAエグゼクティブ・ディレクターを務めるビィナイ・スマラポリー氏は、「前2回のサミットには定員を超える申し込みがあり、今 年もすぐに定員に達すると予想しています。米国への事業進出や米国での事業拡大を検討する企業にとって、このサミットは、しかるべき人物と出会い、全米各地への投資 機会を見出す最も効率的な方法です」と述べています。 日本を代表する経営者の一人であり、2015年サミット全体会議でスピーカーも務められたサントリーホールディングスの新浪社長からは、「サント リーホールディングス株式会社は米ビーム社(現ビームサントリー)の買収で、スピリッツ市場において世界3位となり、米国でのシェアも大幅に増加しまし た。米国は、イノベーションとダイバーシティを原動力に、困難な状況下でも経済を回帰軌道に乗せるパワーがあります。また、米国政府の海外企業の受け入れ 体制や安定した資本市場は大きな魅力であり、サントリーのグローバル化を見据えた長期的展望で米国に投資しました。」との言葉をいただきました。 2016年サミットは、ワシントンD.C.の ワシントン・ヒルトンで開催されます。米国への事業進出や米国での事業拡大を考えるあらゆる規模の国内外企業に加え、 米国の州・地域・地方レベルのEDO、経済団体、サービス提供事業者、事業投資を支援するその他機関の参加が予定されています。 著名な企業経営者、政府要人やその他専門家が登壇するプログラムに加え、米国のEDOが単独あるいは共同でブースを出展し、各地域の魅力を紹介して、投資 家と直接交流する予定です。参加者はサミットでの議案を提案し、サミットに先立ち開催されるセレクトUSA アカデミーに参加することも可能です。同アカデミーでは、米国 への投資や投資拡大に関する基本情報を提供します。ご関心のある方は、 www.selectusasummit.us にて詳細情報をご確認ください。 当サミットの取材を希望する報道関係者は、必ず www.selectusasummit.us/apply に登録してください。取材可 能な場合は、確認のメールを返信します。 セレクトUSAのスマラポリー・エグゼクティブ・ディレクターは「セレクトUSA 2016ロードショー」のため、2016年2月1日から5日まで日本国内4都市を訪問し、サミ ットに出席する利点を詳細に説明しました。スマラポリー・エグゼクティブ・ディレクターとの追加インタビューを希望する報道関係者は、米国商務省国際貿易局の Genilson Brandao(202-482-6920または Genilson.Brandao@trade.gov )までお問い合わせください。 セレクトUSA(SelectUSA)について セレクトUSA は、関連する複数の連邦政府機関の間の調整を行い、投資家に対する総合窓口としての機能を果すことにより対米事業投資を促進する、米国商 務省主管のプログラムです。米国のEDOへの情報提供、国際マーケティングのプラットフォーム提供、ハイレベルの支援を行い、EDOによる投資面での国際競争を支援して います。さらに、投資家が意志決定する上で必要な情報を収集し、地方レベルでしかるべき人物との コネクションを構築し、連邦規制制度に合わせて事を進め、連邦政 府に関する諸問題への解決方法を見付ける上でのサポートも行っています。詳細な情報は www.selectusa.gov

続きを読む»
さらに表示 ∨