日米比印が南シナ海で航行訓練を実施

日本、米国、インド、フィリピンの4カ国の艦船が、初めてとなる合同訓練を南シナ海で実施しました。自由で開かれたインド太平洋地域における貿易ルートの保護と経済安全保障のための国際協力の一部として、艦船は5月2日から8日にかけて、韓国・釜山からシンガポールまでの航行を行いました。
続きを読む»

新天皇陛下の御即位に関するドナルド・J・トランプ大統領の声明

新天皇陛下の御即位に際し、ファーストレディーと私は全ての米国民を代表し、天皇陛下ならびに皇后雅子さまに心よりお祝い申し上げます。日本の皆さまが新しい時代「令和」を迎える中、日米両国の強い友好の絆も新たに始まります。
続きを読む»

創設70周年を祝うNATO

北大西洋条約機構(NATO)による同盟は、70年にわたり世界平和と安全保障の礎となっています。共通の民主的価値観を基盤として、NATOは平和、安定、そして繁栄を、加盟国とその国民にもたらしてきました。
続きを読む»

グラスマン広報・文化交流担当公使にインターンがインタビュー

米国大使館報道室の学生インターンが、キャロリン・グラスマン広報・文化交流担当公使にインタビューを行いました。グラスマン公使が外交官生活について語るほか、若い世代の皆さんにキャリアに関するアドバイスを贈ります。
続きを読む»

NASA、史上初となる女性だけの宇宙船外活動を3月29日に実施

米航空宇宙局(NASA)は3月29日、2人の宇宙飛行士アン・マクレインとクリスティーナ・コックを、史上初となる女性だけの宇宙船外活動に送り出します。女性史月間にふさわしい画期的な出来事です。この女性だけの船外活動をヒューストンのジョンソン宇宙センターからサポートする地上スタッフも女性です。
続きを読む»

ハガティ大使、シドモア桜の植樹記念セレモニーに出席

ハガティ大使は3月15日、横浜の国務省日本語研修所にて、シドモア桜の植樹記念セレモニーに出席しました。この桜の苗木は、1912年に日米交流の一環として日本から米国に贈られ、ワシントン・ポトマック河畔で成長した木が原木です。
続きを読む»

開幕まで500日を切る東京オリンピック

東京オリンピック・パラリンピックの開幕まで500日という節目を迎えた3月10日、東京都世田谷区でカウントダウンイベント「パラスポーツ大運動会」が行われました。米国大使館からはキャロリン・グラスマン広報・文化交流担当公使が出席し、開会式で挨拶を述べました。
続きを読む»

ドナルド・トランプ大統領とマイク・ポンペオ国務長官の記者会見

北朝鮮に関してですが、我々はたった今、金委員長と別れたばかりです。我々は非常に生産的な時間を持ちました。ただ、我々は何かに調印するにふさわしい時ではなかったと思いました。私も同じ考えでしたし、ポンペオ国務長官もそう感じました。
続きを読む»

各国で見られる「キング牧師通り」

世界のあらゆる場所で、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の名を冠した「キング牧師通り」が見られます。これは、非暴力主義による抵抗を貫いたキング牧師の影響力の大きさを示すものです。テネシー大学で地理を教えるデレク・アルダーマン教授は「キング牧師とその公民権運動の教えが、世界中に広がっている証拠です」と、述べています。
続きを読む»

自由で開かれたインド太平洋はすべての国に利益をもたらす

ポンペオ国務長官は2018年インド太平洋ビジネスフォーラム で、「米国そして全世界がインド太平洋の平和と繁栄の利益を享受している。したがって、インド太平洋は自由で開かれたものでなくてはならない」と述べました。 米国は、地域の同盟国の主権と独立を支援する一方で、各国と提携し、官民開発プロジェクト、地域の安全保障プログラム、投資イニシアチブを行っています。
続きを読む»

ビジネスと安全保障における女性のネットワークを強化

市民生活と経済生活への女性参加を十分に推進することで、社会はさらに繁栄し平和になります。国務省はインターナショナル・ビジター・リーダーシップ・プログラム(IVLP)の実施を通じて、国内外で女性の活躍を推進するグローバルネットワークを強化し、コミュニティとグローバル市場でリーダーとなる女性の育成を図っています。
続きを読む»

CBPがESTA電子渡航認証の申請を渡米72時間前に行うよう旅行者へ呼びかけ

米国税関国境取締局(CBP)は、現行の規定に沿って、ESTA電子渡航認証システムを利用して渡米する海外旅行者に対し、渡米の予定がわかり次第なるべく早く、少なくとも渡米日の72時間以上前にESTAを申請するよう注意を呼びかけています。
続きを読む»

追悼「第41代大統領ジョージ・H・W・ブッシュ」

ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領が11月30日、94歳で死去しました。ハガティ大使は、「ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領のご逝去の報に接し、家族ともども心からお悔やみ申し上げます。大統領のリーダーシップ、謙虚さ、公務への誠実さは、私だけでなく多くの人に影響を与えました」と述べました。
続きを読む»

NASAの無人探査機「インサイト」、火星着陸に成功

NASAの無人探査機「インサイト」が火星への着陸に成功しました。地球から4億5800万キロメートルの距離を約7カ月かけて飛行した「インサイト」は、今後2年間火星の観測を行います。火星の内部構造を調査することで、地球や月を含む天体の誕生から形成までを解明することが期待されています。
続きを読む»

ペンス副大統領、インド太平洋地域への関与を強調

6回目となる米国と東南アジア諸国連合(ASEAN)との首脳会議が、11月11日から15日までシンガポールで開催されました。米国からはペンス副大統領が出席し、米国がインド太平洋地域で目指すものは支配ではなく協調であることと、同地域において帝国や侵略は存在する余地がないことを述べました。
続きを読む»

サリバン国務副長官と秋葉外務事務次官との会談概要

本日、ジョン・サリバン国務副長官は東京にて、外務省の秋葉剛男事務次官と会談した。サリバン国務副長官と秋葉外務事務次官は会談において、インド太平洋地域の平和と安定の礎である日米同盟の重要性を再確認し、強固な安全保障同盟のさらなる進展および自由で開かれたインド太平洋地域の推進に向けた新たな分野での協力について協議した。
続きを読む»

これまで以上にインド太平洋地域との関係を強化する米国

トランプ大統領は9月の国連総会で、相互尊重と主権に基づく各国の協調に向けた明確な構想を提示した。米国が望むのは自国の運命を自ら管理できる強いパートナーだと述べ、自身の外交政策がいかに米国と世界をより安全かつ強固にし、経済的繁栄に寄与しているかを説明した。
続きを読む»

海外企業を引き付ける堅調な米景気

2017年の外国企業の対米投資額は4兆ドルを記録しました。これほど企業投資を引き付ける国は他にはありません。好調な景気を背景に多くの企業が、圧倒的な規模を誇る世界最大の消費者市場に製品を売り込もうと進出しています。
続きを読む»

ドナルド・トランプ大統領と安倍晋三首相との首脳会談の概要

本日、ドナルド・トランプ大統領は安倍晋三首相とニューヨークで首脳会談を行った。両首脳は、北朝鮮が先ごろ約束した大量破壊兵器およびミサイル計画の廃棄など、朝鮮半島をめぐる昨今の情勢について議論し、依然として多くの困難が残されているとの見解で一致した。
続きを読む»

ハガティ駐日米国大使、就任1年を迎えたビデオメッセージ

ハガティ大使が駐日米国大使に就任して1年が経ちました。ハガティ大使は、「駐日米国大使として、素晴らしい1年を過ごしました。トランプ大統領と安倍首相は、私が着任する前から、緊密な職務上の関係を築いていただけでなく、個人的な絆も築いていました」と語りました。
続きを読む»

オリンピック金メダリストのケイティ・レデッキーさんが日本で「Go for Gold」を推進

ロンドン五輪、リオデジャネイロ五輪で合計5個の金メダルを獲得したケイティ・レデッキー選手を招き、2020年東京オリンピックでチームUSAの公式ホストタウンとなる世田谷区のプールで8月14日、世田谷区と米国大使館が主催する水泳教室が開催されました。
続きを読む»

女性リーダーシップ会議に世界各地から80人の女性が参加

国務省の主催で女性リーダーシップ会議がワシントンで開催され、21カ国から80人の若い女性が参加しました。女性に関する問題についての意見交換を目的としたこの会議を皮切りに、女性のリーダーシップについて学ぶ5週間のプログラム「学生リーダーのためのアメリカ教育機関研究」が始まりました。 詳しくはこちらをご覧ください (英文のみ) 「学生リーダーのためのアメリカ教育機関研究」(SUSIs)についてはこちらをご覧ください (英文のみ)
続きを読む»

米国宇宙飛行の新しい時代の幕開け

2011年にNASAがスペースシャトルの 2011年のスペースシャトル退役後初となる米国から国際宇宙ステーションにむけて再び有人宇宙飛行を行います。NASAは地上と低軌道 を行き来する商業乗員輸送プログラムに参加する飛行士を8月3日に発表しました。 
続きを読む»

第9回インターネットエコノミーに関する日米政策協力対話における日米共同声明

7月23~24日にワシントンで開催された第9回インターネットエコノミーに関する日米政策協力対話において、オープンで、相互運用性があり、信頼ができ、安全なインターネットへの強いコミットメントを強調する日米の共同声明が発表されました。
続きを読む»

米国の災害援助金拠出についてのウィリアム・ハガティ駐日米国大使の声明

私は駐日米国大使として、米国国際開発庁と連携の下、西日本を襲った豪雨と浸水の被害を受けた皆さまへの人道援助と災害救援活動を支援するため、国際災害援助基金から10万ドルの支援金を日本に拠出することを許可しました。
続きを読む»

ポンペオ国務長官来日

ポンペオ国務長官は7月7~8日に来日し、安倍首相と会談し、河野外相と韓国の康外相との日米韓3カ国会合に参加しました。最終的かつ完全に検証された北朝鮮の非核化への共通のコミットメントのほか、二国間および地域の課題についても意見交換しました。 Secretary of State Michael R. Pompeo, Japanese Foreign Minister Taro Kono, and South Korean Foreign Minister Kang Kyung-wha at a Press Availability ー Department of State
続きを読む»

国務省、2018年人身取引報告書を発表

ポンペオ国務長官は6月28日、2018年人身取引報告書を発表し、「今年の人身取引報告書では、人身取引犯を阻止し、被害者の支援をしている地域社会の活動の重要性を強調した。人身取引は世界的な問題だが、地域の問題でもある」と述べました。
続きを読む»

独立記念日のレセプションを開催

6月27日大使公邸にて、独立記念日を祝うレセプションが開催されました。 今年のテーマは「アメリカの音楽都市 」でした。お越しいただいた方々、賛同していただいた関係者の皆さまのおかげで盛大なレセプションになりました。 レセプションの様子  ー アメリカ大使館Facebook
続きを読む»

ワシントン近郊で開催の SelectUSA対米投資サミットに世界の投資家が参加

米商務省主催のSelectUSA対米投資サミットは、外国からの対米直接投資を促進する最も注目を集めているイベントです。今年のサミットには世界60カ国と全米から、3000人が参加しました
続きを読む»

ハガティ駐日米国大使“Go for Gold”キャンペーンを発表

ビル・ハガティ駐日米国大使は6月2日、東京都目黒区立菅刈小学校の運動会に家族、そして小池百合子東京都知事と共に出席し、米国大使館が東京都教育委員会らと共に進める、東京オリンピック・パラリンピック関連教育活動“Go for Gold”キャンペーンの開始を宣言しました。
続きを読む»

Go for Goldキャンペーン開始!

在日米国大使館は2020年の東京オリンピックに向け、東京都教育委員会との協力の下、「世界ともだちプロジェクト」の一環として、「Go for Gold」キャンペーンを開始しました。米国大使館は2020年までに、240の公立学校、約15万人の生徒らと交流する予定です。
続きを読む»

日米共同記者会見でのトランプ大統領の冒頭発言

本日は、私の良き友人である日本の安倍首相とご一緒でき、大変うれしく思います。非常に尊敬されている紳士です。安倍首相、メラニアと私は、あなたと夫人を再びマール・ア・ラーゴにお迎えできて光栄です。昨年秋に私たちが貴国を訪れた際の素晴らしいおもてなしに感謝しています。日本という素晴らしい国、あるいは「日出づる国」と呼ばれているとも聞いてきましたが、そのような国に迎えていただくというのは、本当に名誉なことでした。本当に素晴らしいひと時でした。
続きを読む»

トランプ大統領と安倍首相の日米首脳会談

4月17~18日、マール・ア・ラーゴにおいて、ドナルド・トランプ大統領と安倍晋三首相は3回目の首脳会談を行い、北朝鮮問題で共有する意志を強固にし、平和と安定、そして法の支配に基づく国際秩序に対する全ての新たな脅威に立ち向かうため、日米同盟の能力を高めるという強い決意を確認した。両首脳は、自由で開かれたインド太平洋および日米経済関係の強化に向け取り組むことを共に表明した。
続きを読む»

トランプ大統領、フロリダのマール・ア・ラーゴで安倍首相と首脳会談

トランプ大統領と安倍首相は、フロリダのマール・ア・ラーゴで2日間にわたり首脳会談を行っています。トランプ大統領は、日米は「北朝鮮問題で結束している」と述べました。
続きを読む»

米国の公民権運動の足跡をたどる

米国の公民権運動は、何十年にもわたり、トピーカから、メンフィス、アトランタ、セーラム、果ては首都ワシントンまで、多くの都市や州に広がりをみせました。 CivilRightsTrail.com サイトでは、公民権運動のヒーローたちの足跡をたどり、彼らの闘いをバーチャルに体験することができます。360度動画、歴史的写真、インタラクティブ・マップなどを通じて、米国南部の史跡を旅してみませんか。 CivilRightsTrail.comサイト(英語のみ) ShareAmerica.govの記事(英語のみ)
続きを読む»

アフリカ系米国人歴史月間:マーティン・ルーサー・キング牧師の一番の側近を偲んで

1月23日に88歳で亡くなったワイアット・ティー・ウォーカー氏は、常にマーティン・ルーサー・キング牧師の隣に立っていました 。人種差別撤廃を求めるデモのときには文字通り隣を行進し、そして比喩的な意味では、キング牧師の公民権運動の組織的な原動力となりました。
続きを読む»

アメリカ大統領の一般教書演説―その意義とは?

1月30日、トランプ大統領は就任後初の一般教書演説を行うことになっています。世界中に中継され、多くの人々が視聴する一般教書演説は、毎年1月か2月に連邦議会議事堂で行われ、大統領が過去1年間の成果を振り返り、次の1年の政治課題を説明する機会となります。
続きを読む»

トランプ大統領、ダボス会議に出席:「米国は積極的にビジネスを受け入れている」

トランプ大統領は約20年ぶりに現職大統領としてダボス会議に出席し、「米国の繁栄は世界に利益をもたらしている。公平な経済競争はそのような繁栄にとって不可欠である」というメッセージを世界のリーダーたちに向けて発信しました。
続きを読む»

より安全で繁栄する未来を目指し、インド太平洋諸国との連携を強化

米国は、安全保障上の脅威に対処し、米国の経済的機会を拡大するため、東アジア・太平洋地域の同盟国およびパートナー諸国と引き続き連携を強化し、また新たな関係を構築していきます。
続きを読む»

新時代の新たな国家安全保障戦略

国家安全保障戦略 (National Security Strategy: 以下NSS) の刊行は、どの大統領にとっても1つの節目となる。法律で作成が義務付けられた文書であるNSSは、大統領が国民を代表し、自らの国家安全保障に関するビジョンをどう具体化していくのかを、米国民、同盟国とパートナー、そして連邦政府機関に説明するものである。
続きを読む»

ティラーソン国務長官、大西洋評議会・韓国国際交流財団フォーラムにて外交政策課題について講演

ティラーソン国務長官は12月12日、ワシントンDCで開催された2017年大西洋評議会・韓国国際交流財団フォーラムで、これまで、そして今後の外交政策課題について講演しました。
続きを読む»

ハガティ大使、日本記者クラブで記者会見

ビル・ハガティ大使は11月17日、日本記者クラブで記者会見を行いました。大使は今月初めのトランプ大統領の日本訪問の成果や日米同盟を強化するために大使として優先して行っていきたい職務などについて話し、日本および国際的メディアのからの質問に答えました。
続きを読む»

サリバン国務副長官、日本と韓国を訪問

ジョン・サリバン国務副長官は、10月18日に韓国で開催される日米韓3カ国の会合に出席するため、東京とソウルを訪問します。会合では北朝鮮の脅威に対する戦略的連携を主な議題とし、域内および国際的な協力分野についても議論する予定します。 サリバン副長官は日本および韓国政府との2国間会合にも臨むほか、経済界や市民社会の代表とも意見交換する予定です。
続きを読む»

ティラーソン国務長官、「グランド・チャレンジ」年次総会で世界が直面する保健分野の課題について語る

10月4日にワシントンDCで開催された、世界の保健問題の解決を支援する制度「グランド・チャレンジ」の年次総会にて、ティラーソン国務長官は基調講演を行い、大統領エイズ救済緊急計画(PERFAR)や世界健康安全保障アジェンダ(GHSA)といったプログラムについて強調しました。
続きを読む»

トランプ大統領、ニューヨークで安倍首相と会談

国連総会出席のためにニューヨークを訪れていたトランプ大統領と安倍首相は、9月21日に会談し、北朝鮮への制裁強化を含む共通の関心事項について意見を交わしました。両首脳はまた、韓国の文大統領とも会談しました。
続きを読む»

アジア・太平洋諸島系米国人の文化遺産継承月間

5月は「アジア・太平洋諸島系米国人の文化遺産継承月間」です。「アジア・太平洋諸島系米国人の文化遺産継承月間」を記念して、35年間外交官として活躍している日系米国人のドナルド・ヤマモト氏のビデオをご紹介します。
続きを読む»

米国とASEANの外交関係40周年記念

ティラーソン国務長官は5月4日、国務省において、東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議を主催しました。この会合は、米国とASEANの外交関係40周年を記念し、戦略的パートナーシップ強化を目的として開催されたものです。
続きを読む»

海のごみを着てプレーするサッカーのスター選手たち

海に投棄されるプラスチックは毎年500万から1200万トン。プラスチックごみは海岸に生息する鳥類から鯨までさまざまな海洋生物に害をもたらし、魚の胃に入り込む細かいプラスチックの破片は、私たちの食卓に上る魚料理に混じる恐れもあります。
続きを読む»

マイク・ペンス副大統領の来日–重要な同盟国との建設的な会話のために

アジア太平洋地域歴訪中のマイク・ペンス副大統領は、最初の2日間をソウルで過ごし、ドナルド・トランプ大統領と米国が、韓国との関係にコミットしていることを確認しました。旅の3日目は、在韓アメリカ商工会議所のビジネスリーダーとのミーティングで始まりました。
続きを読む»

ペンス副大統領、日本での日程を終える

ペンス副大統領は来日2日目、カレン夫人、娘のシャーロット、オードリーと共に空母ロナルド・レーガンを訪れました。米軍兵士と自衛隊員を、「我々の国、我々の価値観、そして我々の生活をを守るために立ち上がり、進み出てくれる」と評し、感謝の言葉を述べました。
続きを読む»

カレン・ペンス副大統領夫人、アートセラピーの普及活動に取り組む

マイク・ペンス副大統領と共に来日中のカレン・ペンス副大統領夫人が伝えるメッセージは「芸術には治療効果もある」。アートセラピー(芸術療法)は絵画などの芸術を用いて、自分では不安、苦痛、感情を表現する言葉を見つけられないトラウマや病気を抱えている人々を支援するものです
続きを読む»

日米協会創立100周年に向けて、ペンス副大統領のお祝いのメッセージ

日米協会が創立100周年を迎えられましたこと、心よりお慶び申し上げます。米国は長年にわたり、日本との揺るぎない同盟関係、緊密なパートナーシップ、および深い友好関係の重要性を重んじてきました。
続きを読む»

豆夢とくまモンが熊本城で熊本地震復興支援ダンス

熊本地震から間もなく1年を迎える3月21日、米国大使館・在福岡米国領事館は熊本県の協力を得て、熊本県のキャラクター「くまモン」とアメリカ大使館 公式ソーシャルメディア親善大使「豆夢(とむ)」が、熊本城で大勢の人々と共にダンスをする様子をビデオ撮影しました。このビデオは、これまで復興に力を尽くしてきた熊本県民の皆さんの勇気と努力に対する敬意を表すとともに、今後も支援を続けるというアメリカ国民の思いを伝え、エールを送ることを目的としています。
続きを読む»

日米同盟:アジア太平洋地域の平和の礎

レックス・ティラーソン米国務長官は、2017年3月16日を東京を訪れた。長官は初のアジア・太平洋地域歴訪の最初の訪問国となる日本で政府高官と会談し、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)による核・ミサイル開発の増大する脅威に対抗するための戦略的連携を含め、多岐にわたる二国間および多国間の課題について意見を交わした
続きを読む»

日米韓首席代表、対北朝鮮に関して共同声明を発表

2月27日ワシントンで、ジョセフ・ユン国務省北朝鮮担当特別代表は、日本の外務省の金杉憲治アジア大洋州局長と韓国外務省のキム・ホンギュン朝鮮半島平和交渉本部長と北朝鮮問題に関して協議し、共同声明を発表しました。
続きを読む»

ハイランド臨時代理大使、関西を訪問

ジェイソン・ハイランド臨時代理大使の大阪訪問は、アメリカと関西の強い絆を強調するものとなりました。まず松井大阪府知事、吉村大阪市長と面談して日米関係の重要性を再確認した後、大阪のアメリカ総領事館設立30周年を祝うレセプションに大勢の皆様をお迎えしました。今回訪問した大阪ガスとパナソニックは、米国内で投資を行う日本企業の中でも最も重要なうちの二社です。またハイランド臨時代理大使は関西国際空港でもFedExやユナイテッド航空、ハワイアン航空、デルタ航空といった米国企業が躍進している様子を目の当たりにしました。アメリカと日本は貿易、経済発展そして人的つながりというあらゆる面でその関係を強めています。
続きを読む»

トランプ大統領就任後初の日米首脳会談で「非常に重要な同盟関係」を確認

トランプ大統領は2017年2月10日、就任後初めて安倍首相をホワイトハウスに迎え、日米首脳会談を行いました。その後両首脳は夫人と共にフロリダ州パームビーチにある大統領の別荘マール・ア・ラーゴへ向かい、週末を過ごしました。
続きを読む»

大統領令13769一時停止について

イラク、イラン、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンの国籍を有する方へのビザ発給禁止を命じた大統領令が一時停止となりました。従って、米国大使館および領事館は、これらの国籍を有する方のビザ面接を再開します。 米国務省はこれら7カ国の国籍者のビザの一時取り消しを撤回し、ビザ所持者がその他の条件を満たし、有効なビザを所持していれば渡米することが可能です。 今後変更が生じた場合は、随時お知らせします。詳細は 国務省のウェブサイト をご覧ください。  
続きを読む»

マティス国防長官、日・韓との連携強化を語る

マティス国防長官は、長官として初の外国訪問で東アジアの韓国と日本を訪れるにあたり、ニューヨークタイムズ紙の取材に対し「両国でそれぞれの意見に耳を傾けて直面する問題を把握し、我々の同盟をより強固にするために協力する」と語りました。
続きを読む»

国際宇宙ステーションに滞在する初のアフリカ系米国人

ジャネット・エプスは、2018年5月からアフリカ系米国人として初めて国際宇宙ステーション (ISS) に滞在します。エプスは航空宇宙エンジニアで、ニューヨーク州シラキュース出身。6カ月間の宇宙ミッションで、米国航空宇宙局 (NASA) の火星探査に向けた研究と実験に携わります。
続きを読む»

トランプ大統領に関するあまり知られていない5つの事実

長く激しい選挙戦を経て新大統領が就任するまでに、アメリカ人、そして世界中の人たちは、新大統領について多くを知ることになります。第45代ドナルド・トランプ大統領についてもそうですが、まだあまり知られていない事実もあります。そのうちの5つをこちらの記事で紹介します。
続きを読む»

日系人初米国宇宙飛行士エリソン・オニヅカ氏を称えて

1月26日、ジョイ・サクライ首席領事は、日系人初のアメリカ宇宙飛行士エリソン・オニヅカ氏を後世に語り継ぐ会にて講演しました。オニヅカ氏はハワイ州ケアラケクアの出身で、1986年のスペースシャトル「チャレンジャー」の事故で亡くなりました。
続きを読む»

ナショナル・モール

1月20日の大統領就任式が行われるナショナル・モールは首都ワシントンの中心に位置する国立公園で、年間3000件ほどのイベントが開催されます。南北戦争時に北軍がこの場所で組織され、訓練と野営を行って以来、ナショナル・モールは集会、抗議活動、お祭りなどの会場として、アメリカの政治・社会・文化運動において重要な役割を果してきました。ナショナル・モールでの数々の歴史的な瞬間をご覧ください。 ナショナル・モール – American View
続きを読む»

過去の大統領就任式 豆知識

歴代の米国大統領はジョージ・ワシントンが式典の後にメヌエットを踊るなど、それぞれの方法で大統領を就任をお祝いしました。就任式の日付と宣誓の文言以外、就任式について合衆国憲法が規定しているものはほとんどありません。ですからお祝いの仕方は伝統だけでなく新大統領の好みを反映しています。ここで過去の就任式のなかから、いくつか特筆すべきものを紹介します。 過去の大統領就任式を振り返る – American View
続きを読む»

新政権開始前に行う重要なこととは?

新政権が発足する1月20日を前に、次期大統領とそのチームにはやらなければならないことがたくさんあります。とりわけ重要なのは、次期大統領が任命した閣僚メンバーの上院承認です。政治任用職の上院承認プロセスについては、こちらをご覧ください。 政治任用職の上院承認プロセス
続きを読む»

国務省ブログ:第4回日米サイバーセキュリティー対話

ペインター国務省サイバー問題調整官が第4回日米サイバーセキュリティー対話(7月27日開催)について、国務省の ブログ で述べている。同対話は情報の自由な流れとオープンなインターネットに基づくサイバースペースの安全で安定した利用を確約するという認識をお互い再確認することにより、日米同盟の重要性を強調するものである。
続きを読む»

オバマ大統領にメッセージを送りませんか?

友人に伝言を送るように、オバマ大統領にメッセージを伝えませんか? ホワイトハウスの発表 によれば、オバマ大統領は、フェイスブックのメッセンジャー・ボットを通して届いたメッセージのうち、一日10通あまり、個人的に返事を書くとのことです。( 関連記事/英文
続きを読む»

フルブライト・プログラム発足70周年を祝う

1946年の発足以来、フルブライト・プログラムは毎年8000人以上および160を超える国の方に奨学金を提供する規模に成長した。フルブライト同窓生には33人の現役・元国家元首、54人のノーベル文学賞受賞者、82人のピューリッツァー賞受賞者が含まれる。( 国務省ブログ/英文
続きを読む»

ケネディ大使、日米地位協定に関する協議で声明

ケネディ大使は7月5日、岸田外相、中谷防衛相、ドーラン在日米軍司令官と日米地位協定について会談し、日米両国は会談後、「軍属を含む日米地位協定上の地位を有する米国の人員に係る日米地位協定上の扱いの見直しに関する日米共同発表」を行った。( 大使の声明共同発表/外務省のサイト
続きを読む»

ケネディ大使、核軍縮検証のための国際パートナーシップで発言

ケネディ大使は6月28日、核軍縮検証のための国際パートナーシップ第3回会合(東京)の開会あいさつで、父親のケネディ大統領の言葉を引用し「本物の平和は多くの国により生み出されるものであり、多くの行動の積み重ねである」と 述べた
続きを読む»

日米韓の若者が詩の交流試合

日本、米国、韓国の若者たちが自作の詩を披露し試合形式で競うイベントが6月25日、3カ国をネット中継でつなぎ開催された。東京、沖縄、ニューヨーク、韓国の小中高生チームが参加し、ケネディ大使は優勝した東京・沖縄チームを 祝福した 。( 琉球朝日放送のサイト
続きを読む»

ケネディ大使、障害者就労支援施設を訪問

ケネディ大使は6月7日、福島県の障害者就労支援施設「 アクセスホームさくら 」を訪問し、障害者が就労技術を学ぶ様子を視察した。同施設は東日本大震災の原発事故で浪江町から避難していたが、現在避難先の同県二本松市で事業を再開させている。
続きを読む»

カーター国防長官、沖縄の事件で謝罪

カーター国防長官は5月21日夜、中谷防衛大臣との電話会談で、沖縄での死体遺棄事件について深い謝罪の意を表明した。同日午前、ニコルソン在沖縄地域調整官も、中谷大臣を表敬し遺憾の意を表明した。 カーター国防長官が中谷大臣に謝罪の意 (NHK) 在沖米軍のローレンス・ニコルソン四軍調整官が謝罪 (朝日新聞)
続きを読む»

日本の「こどもの日」に向けたケリー国務長官のメッセージ

ケリー国務長官は日本の「こどもの日」に向けたメッセージを発表した。「米国民と日本国民との間にある素晴らしい友情の絆は、家庭生活、思いやり、寛大な心、より良い未来を信じる思いといった、私たちが共有する価値観に基づいています…」( 全文仮翻訳
続きを読む»

ケリー国務長官、TPPについて講演

ケリー国務長官は4月12日、ロサンゼルスで講演し、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を通して経済的結びつきを深めることは、世界経済の支配原則を私たちの持つ価値感ならびに透明性・説明責任・法の支配という重要な規範に基づいて進化させることにつながる、と述べた。
続きを読む»

G7広島外相会合を終えたケリー国務長官の記者会見

ケリー国務長官は4月11日、G7広島外相会合終了後に記者会見を行い、来月開かれるG7伊勢志摩サミットで首脳たちは今回の会合で築き上げたものをさらに進展させ、各国をより安全で安心な未来へと導いていくことを確信している、と述べた。
続きを読む»

ケリー宇宙飛行士、1年間の飛行を終え帰還

米国航空宇宙局(NASA)のスコット・ケリー宇宙飛行士とロシアのミハイル・コルニエンコ宇宙飛行士は3月2日、約1年間の国際宇宙ステーション(ISS)での滞在を終えて地球に 帰還した 。ケリー飛行士のカザフスタン着陸、ヒューストンへの帰還の様子が NASA TV の映像で閲覧できる。
続きを読む»

インターネットエコノミーに関する日米政策協力対話

第7回局長級会合に係る共同記者発表 2016年3月2日 2016年2月25日及び26日の2日間にわたり、日米両国は、東京において、インターネットエコノミーに関する日米政策協力対話第7回局長級会合を開催した。 両国の参加者は、民間からの代表者の参加を得たセッションを含むこの対話において、Internet of Things (IoT)、ビッグデータ分析、スマートシティのような最先端技術が普及し、イノベーションとサービス提供のためのパーソナル・データの利活用とプライバ シー保護が共に促進され、サイバーセキュリティ上のリスクに関する意識啓発が広く利用可能となり、情報通信技術(ICT)を通じた地球規模課題の解決が全 ての関係者によって追求される、ネットワークによって接続された社会の展望について議論を