日本の「こどもの日」に向けたケリー国務長官のメッセージ

5月5日の「こどもの日」にあたり、オバマ大統領と米国民に代わって、日本の皆さん、とりわけ日本の子どもたちに、心からお祝いを申し上げます。 米国民と日本国民との間にある素晴らしい友情の絆は、家庭生活、思いやり、寛大な心、より良い未来を信じる思いといった、私たちが共有する価値観 に基づいています。同じ価値観は、日本のみならず、世界中の子どもたちの中で日々体現されています。こどもの日には、世界をより寛容で平和な場所にしてい くために一層の努力をしていこうという気持ちになります。 こどもの日をお祝いする日本の皆さんのご多幸を願い、私と、私の子ども、孫から、お祝いの言葉を贈ります。
続きを読む»

ケリー国務長官、TPPについて講演

ケリー国務長官は4月12日、ロサンゼルスで講演し、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を通して経済的結びつきを深めることは、世界経済の支配原則を私たちの持つ価値感ならびに透明性・説明責任・法の支配という重要な規範に基づいて進化させることにつながる、と述べた。
続きを読む»

G7広島外相会合を終えたケリー国務長官の記者会見

ケリー国務長官は4月11日、G7広島外相会合終了後に記者会見を行い、来月開かれるG7伊勢志摩サミットで首脳たちは今回の会合で築き上げたものをさらに進展させ、各国をより安全で安心な未来へと導いていくことを確信している、と述べた。
続きを読む»

東日本大震災から5年 - ケリー国務長官の声明

日本に甚大な人的被害と荒廃をもたらした東日本大震災の発生から、本日で5年を迎えます。我々はこの悲劇に立ち向かった日本の皆さんの勇気を思い起こすとともに、被災された全ての方々、特に愛する人たちを失った方々にあたらめて哀悼の意を表します
続きを読む»

従軍慰安婦問題の解決に関するケリー国務長官の声明

米国は、「従軍慰安婦」という長年にわたる微妙な歴史問題に関し、日本および韓国政府が合意に達したとする本日の発表を歓迎する。両国はこの合意の実施に より、この問題を「最終的かつ不可逆的に」解決することを明確にした。
続きを読む»

ケリー国務長官の世界海洋デーに関する声明

ケリー国務長官は6月8日の世界海洋デーについて声明を発表し、海洋とその環境を維持することの重要性を再認識するとともに、汚染、乱獲、海洋酸性化など海洋への影響を考え、注意深く保護していかなければならない、と述べた。 World Oceans Day
続きを読む»

ボーイング社レントン工場におけるケリー国務長官の講演 - 「世界は米国製品を求める」(抜粋)

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)には現在、米国を含む環太平洋地域の12カ国が参加している。交渉は最終局面に入っており、妥結すれば世界 経済の4割を占める国々を網羅することになる。他の複雑な協定同様に、詳細に関しては意見調整が必要な部分が多い。
続きを読む»

ケリー国務長官、TPPの利点を語る

ケリー国務長官は5月19日、ワシントン州のボーイング社工場を視察し、講演を行った。その中で、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の締結によって、米国が引き続きアジア太平洋地域の繁栄と安全保障の主要メンバーであることを示す、と述べた。
続きを読む»

ボリス・ネムツォフ氏殺害に関するケリー国務長官の声明

ケリー国務長官は2月27日、ボリス・ネムツォフ元ロシア第1副首相の殺害に関する声明を発表し、ネムツォフ氏は、より民主的で、より豊かで、よりオープンで、そしてロシアとその周辺国との強い関係を築くことにその人生をささげた、と述べた。
続きを読む»

ジョンズ・ホプキンズ大学高等国際研究大学院(SAIS)におけるケリー国務長官の米中関係に関する講演

ジョンズ・ホプキンズ大学高等国際研究大学院(SAIS)は、第2次世界大戦中にポール・ニッツェとクリスチャン・ハーターが創設しました。2人と もマサチューセッツ州出身であり、大変誇りに思います。彼らの著書をお読みになった方はご存知だと思いますが、第2次世界大戦後の世界は根本的に変わり、 外交政策の立案者はそれにあわせて変化し、その変化についていくだけでなく変化のスピードを自分たちが設定し、将来像を示し、未来を見通し、強い米国を保 ち、世界のリーダーとして他国と協力し、そうした国々の国力を高める方法を見つける必要があることを予見する能力を、2人は持っていました。
続きを読む»

ケリー国務長官、「女性への暴力をなくす国際デー」で声明

ケリー国務長官は11月25日の「女性への暴力をなくす国際デー」に際し、女性への暴力をなくすという国際的コミットメントを再確認し、「ジェンダーに基づく暴力に反対する16日間の活動」への集団的確約を新たにした。( 声明・英文
続きを読む»
さらに表示 ∨