国務省が人権に関する新委員会を設置

国務省は、米国の外交政策における人権の役割を情報に基づき見直すために「不可侵の権利に関する委員会」を設置しました。同委員会はハーバード・ロー・スクールのメアリー・アン・グレンドン教授が委員長を務めるほか、学識者や法律家、人権活動家で構成されています。

続きを読む»

G20大阪サミット開幕

トランプ大統領は6月27日、G20大阪サミット 出席のため日本に到着しました。大統領は6月28日、ハガティ大使も同席した日米首脳会談に加えて、オーストラリアのモリソン首相、インドのモディ首相、ロシアのプーチン大統領らと会談しました。

続きを読む»

ポンペオ国務長官、河野太郎外務大臣と会談

マイケル・R・ポンペオ国務長官は本日、日本・大阪にて河野太郎外務大臣と会談し、地域および安全保障の喫緊の課題における緊密な日米同盟と協力について協議した。ポンペオ国務長官と河野大臣は、最終的かつ完全に検証された北朝鮮の非核化および地域安全保障に向けた日米の決意と、インド太平洋地域における共通課題に取り組むため引き続き緊密に連携することを再確認した。

続きを読む»

ポンペオ国務長官来日

ポンペオ国務長官は7月7~8日に来日し、安倍首相と会談し、河野外相と韓国の康外相との日米韓3カ国会合に参加しました。最終的かつ完全に検証された北朝鮮の非核化への共通のコミットメントのほか、二国間および地域の課題についても意見交換しました。 Secretary of State Michael R. Pompeo, Japanese Foreign Minister Taro Kono, and South Korean Foreign Minister Kang Kyung-wha at a Press Availability ー Department of State

続きを読む»

国務省、2018年人身取引報告書を発表

ポンペオ国務長官は6月28日、2018年人身取引報告書を発表し、「今年の人身取引報告書では、人身取引犯を阻止し、被害者の支援をしている地域社会の活動の重要性を強調した。人身取引は世界的な問題だが、地域の問題でもある」と述べました。

続きを読む»
さらに表示 ∨