ラプソン臨時代理大使、米国政府の代表として8月6日の広島平和記念式典に出席へ

ロバート・ラプソン駐日米国臨時代理大使は、2016年8月6日の広島平和記念式典に米国政府代表として出席する。式典が開催される広島平和記念公園は、オバマ大統領が5月に現職米国大統領として初めて歴史的な訪問を行った場所である。

8月6日、9日の両日は、厳粛な気持ちで沈思し、より平和な世界を構築する決意を新たにする日である。

キャロライン・ケネディ駐日米国大使は式典に出席できないが、式典への招待と5月のオバマ大統領の訪問時の広島市民の皆さまの歓待に感謝の意を表している。