ワシントンDCの桜が象徴する日米の絆

タイダルベイスン沿いの満開の桜。遠くにワシントン記念塔が見える。2018年4月5日撮影 (AP Photo/J. Scott Applewhite)

ワシントンDCのタイダルベイスン沿いの桜は、日米の変わらぬ友好の象徴です。今では毎年150万人が花見に訪れるほか、日米の文化を祝う桜祭りが開催されています。