スティーブン・ビーガン国務副長官兼北朝鮮担当特別代表の東京訪問

*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

メディアノート
国務省報道官室
2020年7月10日

7月9日から10日にかけての東京訪問中、スティーブン・ビーガン国務副長官兼北朝鮮担当特別代表は、茂木敏充外務大臣、河野太郎防衛大臣、秋葉剛男外務事務次官など日本政府高官と会談し、日米安全保障条約60周年を迎える中での、強固な日米同盟を再確認した。

会談でビーガン副長官は、米国は引き続き北朝鮮との対話に従事する用意があると強調し、自由で開かれたインド太平洋の促進および、健全な統治と法に基づく国際秩序を阻害しようとする勢力に対処する取り組みに関し、日本をはじめとする同じ志のパートナーとの緊密な協力を継続する重要性についてを協議した。

ビーガン副長官はまた、日本政府との会談で、ワクチンや治療法の開発、日米間のビジネスや教育の継続的な連携の重要性、将来のパンデミックを防ぐ取り組みなど、新型コロナウイルス感染症対策に向けた世界的な取り組みについても協議した。