ビーガン国務副長官が東京を訪問

ソウルを訪問したスティーブン・ビーガン国務副長官兼北朝鮮担当特別代表は、7月9~10日の日程で東京を訪れ、日本側担当者と一連の会談を行いました。

木曜夜に行われた外務省の秋葉剛男事務次官との会談でビーガン国務副長官は、日本の安全保障と、両国の共通目標である北朝鮮の非核化と自由で開かれたインド太平洋に対する米国のコミットメントを再確認しました。

木曜にはまた、茂木敏充外務大臣、河野太郎防衛大臣、その他日本政府高官を訪問したほか、米国大使館職員とも会合を行いました。