多様性を重視する米国の外交団

外交官としてのキャリアに向けて準備する2019年トーマス・R・ピカリング・フェロー・プログラムの参加者。米国の多様性を象徴する人選である。ワシントンDCにて

国務省が多様性を推し進める方法はさまざまですが、「トーマス・R・ピカリング・フェロー・プログラム」と「チャールズ・B・ランゲル・国際関係プログラム」はその代表的なものです。これらのプログラムは、自由・民主主義・機会という基本的な米国的価値観のもとで団結し、それらにコミットする米国の外交団が多様性を反映する一助となっています。