関西アメリカンセンター

関西アメリカンセンターは、駐大阪・神戸アメリカ総領事館の広報担当部門です。アメリカンセンターは、米国国務省の「開かれた外交(パブリック・ディプロマシー)」の担い手として、日米の友好・親善、並びに相互理解の促進につとめる政府機関であり、現在日本には、大阪(関西)の他に、 東京、 名古屋、 福岡、 札幌にあります。

関西アメリカンセンターの活動範囲は西日本の17府県にまたがり、日本の総人口の約5分の1にあたる3,000万人以上の方々が暮らしている地域であります。この地域は、東は滋賀県から西は広島県までの本州の中央部分と四国4県が含まれます

関西アメリカンセンターは、日本の方々にアメリカのことをより良くご理解頂くために、プログラム(講演会・セミナー等)や、その他様々な広報・文化 交流活動を行っております。また、大阪をはじめとする関西地域、更には中国・四国地域の地方自治体、政治、ビジネス、大学、報道機関などの専門家の方々を 対象に、最新且つ正確なアメリカの情報を提供するために、幅広く多様な活動を行っております。

関西アメリカンセンターの講演会・セミナーは、通常は専門家を対象にしていますが、より多くの方々にご参加頂ける一般公開プログラムを開催すること もあります。ま た、関西アメリカンセンター・レファレンス資料室では、アメリカの政策、日米関係、国際関係、安全保障、政治、経済、法律、社会問題など、 アメリカに関するご質問を皆様からお受けしております。関西アメリカンセンター・レファレンス資料室への、お問合せ・留学相談はオンライン質問箱をご利用下さい。

駐大阪・神戸アメリカ総領事館の一部署として、関西アメリカンセンター は、領事部( アメリカ市民課ビザ課) や商務部、農務部などと共にアメリカ政府を代表して、関西地域内のみならず、中国・四国地方全域での「より良き日米関係」の構築のために努力しておりま す。これらの地域の方々にアメリカについて正しく理解していただくために、関西アメリカンセンターは積極的に活動しております。

〒530-8543
大阪市北区西天満2-11-5
電話番号:06-6315-5900

道順
最寄り駅は、地下鉄御堂筋線および京阪の淀屋橋駅です。1番出口から地上に出て北へ向かい、御堂筋に沿って歩いて下さい。大阪市役所の前を通り過ぎ、御堂筋と新御堂筋の合流する地点の右手にアメリカ総領事館があります。淀屋橋駅からアメリカ総領事館までは、徒歩約5分です。ビルの前の星条旗が目印です。JR大阪駅、阪神および阪急梅田駅からお越しの方は、徒歩約15分です。詳細は、上の地図をご覧下さい。

来館の規則
駐大阪・神戸アメリカ総領事館を訪問される方は、写真付身分証明書の提示を求められます。運転免許証、学生証、 社員証、パスポート等の身分証をご用意ください。身分証のない方の入館はお断りする場合があります。 ノートパソコン、携帯電話、ラジオ、カメラ、その他の電子機器、飲食物は持ちこめません。 皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

関西アメリカンセンター・レファレンス資料室はEducationUSAアドバイジングセンターとして、米国務省・教育文化局の支援を受け、アメリカ留学に関する最新で正確な情報やアドバイスを提供しています。留学先となる学校の探し方、入学条件や手続きの方法、学校の認定制度や入学適性試験、奨学金など留学関連の情報を提供するほか、留学に役立つ説明会を開催しています。

レファレンス資料室では”U.S. インフォメーションアラート(最新の米国政策情報)“を配信しています。 インフォメーションアラートは、インターネット上で発信された米政府高官のスピーチ、政府報告書、各種研究機関レポートなどの電子出版情報のなかからなるべく新しいトピックを選び、そのサイトのアドレスやフルテキストなどをEメールでご案内するものです。 メールサービスをご希望の方は、ここからお申し込みください。

関西アメリカンセンター・レファレンス資料室への、お問合せ・留学相談はオンライン質問箱をご利用下さい。

アメリカのビザおよびアメリカ市民サービスのご質問にはお答えできません。予め、ご了承ください。

  • アメリカのビザに関するご質問はこちらをご覧ください。
  • 米国市民サービスに関するご質問は、米国市民サービスのウェブサイトをご参照ください。在日米国大使館領事部及び最寄の領事館の米国市民サービスへの連絡方法については、こちらをご参照ください。