在福岡米国領事館

在福岡米国領事館は領事部、政治・経済部、広報部、総務部の各担当部署があり、山口県および九州地区において日本とアメリカとの人、物、そして文化の交流を促進するために活動しています。

福岡アメリカン・センター」で業務を行う広報部は、日本の方々にアメリカ政府の政策や目的および、アメリカという国をよりよく理解していただくために、アメリカの外交、安全保障政策、政治、日米貿易及び経済関係、アメリカ社会、文化などのさまざまなテーマについての講演会、セミナーや文化・音楽イベントなどを開催しています。また、広報部は在福岡アメリカ領事館におけるマスコミの窓口として報道部の役割も担っており、記者会見やプレス・インタビューなどの実施や報道機関からの問い合わせへの対応を行っています。つまり広報部の業務はアメリカから日本の皆さんへの情報発信であり、日米関係をさらに友好的かつ強固なものとするために、九州・山口地域のマスコミ、教育機関、官庁、自衛隊、経済団体、NGO/NPOなどと連携して日米間の市民レベルの交流「パブリック・ディプロマシー」を推進しています。また広報部のEducationUSAアドバイジング・センターでは、アメリカ留学に関する資料の提供、セミナーの開催、個別相談を無料で行っております。

政治・経済部は、文字通り、政治および経済部門を担当するセクションで、政治分野では、アメリカにとって最も重要な同盟国のひとつである日本との相互理解、友好および協力関係を深めるべく、担当地域である九州・山口地域における政治家、自治体等とのネットワークを広め、政治分野における優先事項に関し、意見交換を通してアメリカの立場に対する理解を促進するとともに、東京のアメリカ大使館や国務省本省に同時に独自の視点、反応等を分析し報告します。同時に、当担当地域には、二つの米軍基地(佐世保および岩国)があるため、これらの基地との緊密な連携を保ち、時に親善目的で寄港する米艦船の表敬訪問やボランティア活動等の支援を致します。

また、経済分野においては、アメリカと九州・山口地域との経済、環境・科学技術における結びつきを強化するため、地元経済界との交流事業や情報交換により、地域の経済動向や新しい取り組みについて情報収集を行い、分析・報告を行います。加えて、貿易促進の分野では、米国の優れた製品、サービス、技術を九州・山口地域に対して、セミナー、地元のトレードショー参加、ビジネスミーティングなどを通して積極的に紹介しています。

領事部ではアメリカへの留学ビザを含む非移民ビザ申請のための面接や、九州・山口地区に住む5500人以上の米国市民へのサービスなどを行っています。九州・山口地区を訪れるアメリカ人は2万人を越え、また二つの米軍基地があります。米国市民への業務のひとつとしてパスポートの発行・更新、海外出生登録、公証、不在者投票や逮捕・死亡など緊急事態の特別アシスタントなどを行っています。また自然災害などに遭われた際の支援も行います。

在福岡米国領事館
〒810-0052
福岡市中央区大濠2-5-26
電話: 092-751-9331
ファックス: 092-713-9222

出生届、パスポート、公証等のアメリカ市民サービスに関する質問は FukuokaACS@state.gov で常時受け付けております。

ビザに関する質問は下記にお問い合わせください:
050-5533-2737 / support-japan@ustraveldocs.com