総領事かれん・ケリー


かれん・ケリー
駐大阪・神戸米国総領事
Karen Kelley

*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

かれん・ケリーは、アジア・太平洋地域およびアフリカでの勤務経歴を持つ上級外交官である。2017年8月より、駐大阪・神戸米国総領事に着任する。直近の勤務地は在ジンバブエ米国大使館で、2013年8月から2016年6月まで広報担当公使、2016年7月から11月までは首席公使代行をそれぞれ務めた。2008年8月から2009年7月まで国務省日本副部長および日本部長代行を、2005年から2008年までは、ハワイ州H・M・スミス基地内にある米国太平洋軍司令部で広報・文化交流アドバイザーを務めた。また、在カメルーン米国大使館、在フィリピン米国大使館、在日米国大使館で報道官も務めた。日本での勤務経験としては他にも、駐大阪・神戸および在沖縄米国総領事館で広報・文化交流を担当した。

ハワイ州カイルアに在住していたケリーは、ゆったりとした「アロハスピリット」に基づいたライフスタイルを愛し、「知」と「パワー」をたくわえる「カヒコ・フラ」(古典フラダンス)の熱心なファンである。

ケリーには2人の成人した息子がいる。ジェガン・ファイは、ハワイ州ホノルル在住のシンガーソングライター。カリーム・バーソンは、オレゴン州ユージーンの大学に通いながら、キリスト教の普及活動に従事している。ケリーはシングルマザーとして2人の息子を育てながら、28年以上にわたり外交官としてのキャリアを確立した。