領事担当公使参事官兼総領事

カリン・M・ラング (Karin M. Lang)
領事担当公使参事官兼総領事
在日米国大使館

*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

カリン・ラングは2019年8月に、東京の米国大使館領事担当公使参事官に就任した。日本着任前は、2017年から2019年まで米国務省領事局の政策調整並びに広報担当課長として勤務。また2015年から2017年までは、国務長官室の高官課長を務めた。

1993年の国務省入省以来、ハバナ、バンコク、台北、広州、およびメキシコシティで領事業務担当外交官として勤務。また米国内では、日本デスクの副課長やインドネシア・デスク担当官、東アジア・太平洋局スタッフアシスタントを歴任。

ミネソタ大学で文学士号を取得。また、国防総合大学アイゼンハワー校(ICAF)の優秀卒業生である。2015年にはその卓越した功績により、国務省のメアリー・A・ライアン・公共サービス賞を授与された。