F35国内製造第一号機を公開

ステルス戦闘機F35の国内製造第一号機が愛知県豊山町の三菱重工業小牧南工場で公開され、若宮健嗣防衛副大臣をはじめ日米の関係者も参加した記念の式典にジェーソン・ハイランド臨時代理大使が出席しました。臨時大使は、米国が日本とともに地域の安全保障にコミットししていること、また、F35製造について日米の協力が大変重要な役割を果たしていることを強調しました。