ファクトシート-G20サミットで世界経済の成長と繁栄を促進するドナルド・トランプ大統領

*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

2019年6月27日

「我々は共に、自分たちの力・資源・声を、己のためでなく国民のために使い、彼らの重荷を軽くし、希望を抱かせ、夢をかなえる決意をしようではないか」
      -ドナルド・トランプ大統領

世界経済の成長:G20サミットにてトランプ大統領は、他の参加国に対して、成長・雇用・イノベーションを重視する米国を手本とするよう働きかける。

  • トランプ大統領の下での米国の経済復興は、他国が成長を遂げる模範例となる。
    • 税制改革などの成長重視型政策は、何百万人もの雇用を生み出し、製造業を米国に回帰させ、米経済の信頼を回復させた。
  • 世界経済が成長し、それにより米国の製品やサービスのための市場が力強く安定することで、米国は繁栄する。
  • 各国は、税法改正や規制緩和、通貨安定の促進といった、経済成長を促進する成長重視型政策の実施に重点的に取り組むべきである。
  • さらに各国は、需要の高い業界向けに労働者の技能向上や再教育を行う研修に投資することで、潜在的経済力を十分に引き出すことができる。

公正かつ互恵的な貿易の達成:トランプ大統領は、公平かつ互恵的な貿易促進に取り組んでいる。

  • 自由かつ公正で互恵的な貿易協定を推進するトランプ大統領の決意は、雇用と成長を重視する大統領の戦略の中核をなす。
    • トランプ大統領は、いかなる協定も実施可能であり、かつ米国の労働者や企業にとって公平な競争の場を作り出しながら、米製品およびサービスの新たな市場開拓に取り組んでいる。
  • 米国は、同盟国およびパートナー諸国と共に、知的財産権の侵害、不公正な労働慣行、技術移転の強要など、不公正な貿易慣行に立ち向かっている。
  • トランプ大統領は、全ての同盟国およびパートナー諸国に対して、自由かつ公正で互恵的な貿易のため、関税および非関税障壁を引き下げるよう働きかける。
  • 米国は、世界貿易機関(WTO)が設立当初に意図していた機能を果たすよう確認する一方で、WTOの改革および近代化を求めている。

イノベーションの促進:トランプ大統領は未来の繁栄を促進するため、デジタル市場の成長を促し、新興技術を支援していく。

  • 人工知能のような新興技術は、米国および世界の生活水準と生産性に、有益で有意な影響を与える可能性を秘めている。
    • トランプ大統領はこのような技術の重要性を認識し、今年初めに人工知能分野でのリーダーシップを維持する大統領令に署名した。
  • 必要以上に重い規制は、イノベーションを阻害し、このような変革技術が経済成長を刺激する可能性を制限する。
  • そのため米国は、デジタル経済の成長を支え技術革新の道を開くためのイノベーション育成政策の推進に取り組んでいる。
  • 米国はG20諸国に対して、データの自由な流れによって全ての国が恩恵を受ける、オープンかつ公正で、市場型のデジタル経済の推進で協力するよう求める。

エネルギー開発の促進:トランプ大統領は、G20サミットを活用し、エネルギー開発に関する自身の包括的アプローチを前進させる。

  • 安価でかつ信頼性のあるエネルギーへのアクセスは、米経済の成長と世界の繁栄促進というトランプ大統領が進める課題の中核をなす。
  • G20サミットにて我々は、健全な環境をサポートし、経済成長やエネルギー安全保障、およびエネルギーへのアクセスを促進するうえで、あらゆるエネルギー源が果たす役割を認識するよう求める。
  • トランプ大統領の下で米国は、経済成長と環境保護を実現しながら世界最大の石油・天然ガス産出国となった。
    • 米国は、エネルギーおよび環境の実績において、世界で最も優れた国の1つである。
  • トランプ大統領はまた、液化天然ガス(LNG)などのエネルギー技術や、エネルギー開発の重要要素としての質の高いインフラへの投資を促進している。
    • 今日、米国は5大陸35カ国にLNGを輸出している。そのうち16カ国はトランプ政権の下で新たな輸出先として加わった。

世界の女性権利拡大:トランプ大統領は、女性の活躍推進は、賢明な経済および安全保障政策であることを理解している。

  • 世界経済への女性参画を推進することは、経済繁栄や国家安全保障、かつ世界の安定にとって不可欠である。
  • 米国は、女性が自分たちの地域経済に自由かつ完全に参加することを阻む、法や文化的障壁の撤廃に取り組んでいる。
  • 安定とは、あらゆるレベルの経済的および政治的活動に男女が同じように参加できて初めて実現することを、各国は認識すべきである。
  • トランプ政権は、女性の世界的発展と繁栄(W-GDP)イニシアチブを通して、この取り組みを主導すべく支援している。
    • トランプ大統領は、2025年までに世界各国の発展途上国に住む5000万人の女性に経済力を与えることを目指すこの画期的なイニシアチブを2019年2月に立ち上げた。

世界各地でスマートな開発を支援する:トランプ大統領は、透明性があり説明可能、かつ市場ベースの金融開発原則の活用を支援する。

  • トランプ大統領は、より持続可能な経済発展を世界各地に広げるように民間部門を活性化している。
    • 持続可能な民間主導型経済開発は、制約の多い国家管理型の取り組みに代わる強力な選択肢を提供する。
  • 米国は、経済協力開発機構(OECD)の税制プロセスを引き続き支持する。
    • 米国は、デジタル企業への課税で一方的な行動をとりOECDのプロセスに害を与える国の取り組みを非難する。
  • トランプ大統領は、同盟国およびパートナー諸国の汚職撲滅と透明性促進の取り組みを支援する。
    • 各国は、汚職防止法を可決・施行することで、発展に向けた公平な条件を作り出すべきである。
  • 米国は、発展途上国に巨額の債務を負わせない、透明で責任があり持続可能なインフラ開発融資を促進するG20の取り組みを支援する。