ジョセフ・ヤング駐日米国臨時代理大使と米国大使館領事部よりダイヤモンド・プリンセス号米国人乗客ならびに乗員の方々へのごあいさつ

*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

在日米国大使館・領事館と国務省が何よりも大切にしているものは、海外にいる米国民の健康と安全です。80人余りの米国人乗客が日本で入院しておりましたが、最後の1名が米国に帰国されました。このことを皆さまにお知らせでき、職員ともどもうれしく思います。

ダイヤモンド・プリンセス号には総勢430人の米国人が乗船していました。その全員が無事に帰国、あるいは海外の自宅に戻ったことをお伝えでき、心よりうれしく思います。大使館職員はこの数カ月、多くの皆さま、そしてご家族の方々と知り合うことができ、皆さまの立ち直る力と勇気に感銘を受けました。また、この間に新型コロナウイルス感染症で愛する家族を亡くされた皆さまには心より哀悼の意を表します。

私は4月3日の動画メッセージで、米国人乗客のため懸命に治療にあたってくださった日本の医療従事者の方々にお礼を申し上げました。日本で治療を受けた多くの皆さま、そしてご家族の方々も同様に感謝の気持ちを伝えてくださいました。また困難な状況の中、米国人乗客のため昼夜を問わずサポートしてくださった日本政府ならびにダイヤモンド・プリンセス号の乗員の方々に心より感謝申し上げます。

皆さまのご健康とご多幸をお祈りいたします。