G20エネルギー・環境関係閣僚会合が閉幕

原田義昭環境相と握手するアンドリュー・ウィーラーEPA長官

G20エネルギー・環境関係閣僚会合が6月15日から16日にかけて軽井沢で行われました。米環境保護局(EPA)のアンドリュー・ウィーラー長官は、「共同声明および海洋プラスチックごみの削減への国際枠組みの創設、そして強靭なインフラに関して合意に至りうれしく思います。大きな成果です」と述べました。