東京で開催されるリーダーシップ会合にインド太平洋地域の若者が集結

*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

インド太平洋地域の20歳から27歳までの若手リーダーが参加する「長期リーダーシップ促進イニシアチブ:インド太平洋サミット (Advancing Long-term Leadership Initiative: ALLI) 」が12月13~14日東京で開催され、インド太平洋地域16カ国を代表する若者44人が参加します。

ALLIサミットに参加するのは、インド太平洋地域の500人以上の応募者の中から最終的に選ばれた若者です。全員がアメリカ政府出資の交流事業に参加した経験があり、学術、政府、民間機関を代表しています。進行役には、インド太平洋地域の200人以上の応募者から11人が選ばれ、参加者にメンターシップと研修を提供し、域内でネットーワークを広げられるよう支援します。

インド太平洋地域は社会、経済、政治、環境において特有の課題に直面しており、地域が一丸となって対応する必要があります。ALLIサミットに選ばれた意欲を持った若者たちは、リーダーシップに必要なスキルを学び、域内外の現在および将来の課題解決に向け協力して取り組みます。ALLIサミットは、市民リーダーシップの理解を深める有益な情報とリソースを提供、共通のグローバル課題で実践的な取り組みを考察、協議することで適応力を強化し、異文化協調によるインド太平洋地域のアイデンティティを醸成します。ALLIサミットは、インド太平洋地域の多くの国が共通の歴史、文化、交易、価値観という強い絆で結ばれていることを再認識する場となります。

ALLIサミットの詳細とリアルタイムの最新情報は、#ALLISummitをフォローしてください。