北朝鮮のミサイル発射に関するケリー国務長官の声明

*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

2016年2月6日

米国は、北朝鮮による本日のミサイル発射を強く非難する。これは北朝鮮による弾道ミサイル技術の使用に関する国連安全保障理事会決議に対する明白な違反である。

北朝鮮は、わずか1カ月ほどの間に2度にわたり、朝鮮半島だけでなく、この地域と米国の安全保障への脅威となる重大な挑発行為の実施を選択した。 我々は、韓国および日本を含む同盟国を防衛するという確固たる決意を再確認する。そして引き続きパートナー国や国連安保理理事国と協力し、北朝鮮の責任を 問う重要な措置を講じていく。

今こそ、北朝鮮の核および弾道ミサイル能力の追求、そして我々に共通の平和と安全保障を揺るがす、今回の容認することのできない挑戦に対処する国際社会の決意を明確にする断固とした措置を、団結して講じる時である。