アメリカの労働者を祝う「労働者の日」

アメリカ人にとって9月は夏の終わりを意味するだけでありません。毎年この月の第1月曜日は、アメリカの労働者が成し遂げた社会的、経済的功績を祝う「労働者の日」でもあります。

労働者の日が国民の祝日となったのは1894年のことで、グロバー・クリーブランド大統領によって制定されました。以来、アメリカの労働力は強く、多様性が増すことになりました。労働者の日を定めることになった歴史的な出来事を振り返ります。