スペースXの宇宙船が国際宇宙ステーションに到着

NASAの飛行士ロバート・ベンケンとダグ・ハーリーが乗り込んだ宇宙船「クルードラゴン」を搭載したスペースX社のロケット「ファルコン9」。5月30日にフロリダ州ケープ・カナベラルにあるケネディ宇宙センター第39発射施設から打ち上げられた (AP Photo/Chris O’Meara)

有人宇宙飛行の新たな時代の幕開けです。5月30日、米航空宇宙局(NASA)の米国人飛行士ロバート・ベンケンとダグ・ハーリーが、国際宇宙ステーション(ISS)に到着しました。フロリダ州のケネディ宇宙センター第39発射施設から打ち上げられたロケット「ファルコン9」に搭載されたスペースXの宇宙船「クルードラゴン」が、無事ISSへのドッキングに成功しました。

この歴史的な打ち上げは、米国がスペースシャトル計画を終了した2011年以来となります。

今回の実験は、発射台、ロケット、宇宙船、運用能力などを含むスペースXの乗員輸送システムを検証するもので、NASAにとっては軌道上で行う初めての宇宙船システムの実験ともなります。