国家安全保障戦略 ファクトシート

*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

ドナルド・トランプ大統領、米国の国益を促進する国家安全保障戦略を発表

「我々の政権の第一の責務は、国民・市民に対するものであり、彼らの要望に応え、安全を確保し、権利を擁護し、価値観を守ることである」― ドナルド・トランプ大統領

新時代の新たな国家安全保障戦略:ドナルド・トランプ大統領は、就任1年に満たないこの時点で、米国が世界における優位性を取り戻し、その偉大なる能力を拡大させる積極的な戦略の方向性を示した新国家安全保障戦略を発表する。

    • 2017年「国家安全保障戦略」(以下戦略)は、国外で米国への信任を取り戻し、米国民が自国への誇りを新たにするため大統領が実施した過去11カ月間の行動に立脚している。
    • 米国は確固とした戦略を持つことにより、死活的な国益を守ることが可能となる。戦略は、以下の4つを死活的な国益、または「4本柱」と位置づけている。
      I. 国土と国民、米国の生活様式を守る
    1. II. 米国の繁栄を促進する
    1. III. 力による平和を維持する
    1. IV. 米国の影響力を向上する
    • 戦略は、世界における米国の地位に影響を与える重大な課題および潮流に対応するものである。それらには以下のものが含まれる。
      • 中国やロシアなど、技術、宣伝および強制力を用い、米国の国益や価値観と対極にある世界を形成しようとする修正主義勢力
      • テロを広め、隣国を脅かし、大量破壊兵器を追求する地域の独裁者
      • 歪曲したイデオロギーの名の下、憎しみをあおり、罪なき人々への暴力を扇動するジハード(聖戦)テロリスト、および薬物や暴力を地域社会にまん延させる国際犯罪組織
    •  戦略は、大統領の道義的な現実主義という概念を明確にし、前進させる。
      • 戦略は、国際政治において力が果たす中心的な役割を認識し、強い主権国家が世界平和のための最良の希望であると確認し、かつ米国の国益を明確に定義している点で現実主義的である。
      • 戦略はまた、世界各地に平和と繁栄を広める米国の価値観を前進させることを根拠にしている点で道義的である。

    I. 国土を守る:トランプ大統領の一義的な責務は、米国民、米国土および米国の生活様式を守ることである。

      • 我々は、国土の保全と主権回復のため、国境警備を強化し、移民受け入れ制度を改革する。
      • 米国土に対する国境を越える最大の脅威は、以下の通りである。
        • 野蛮かつ残虐な方法で人々を殺害、抑圧、奴隷とし、また仮想ネットワークを使い脆弱な人々を搾取し、陰謀を教唆・指示するジハード(聖戦)テロリスト
        • 我々の地域社会を薬物や暴力で分裂させ、民主主義的な制度を腐敗させることで同盟国とパートナー国を弱体化させる国際犯罪組織
      • 米国は、脅威の根源に狙いを定める。我々は、脅威が我々の国境に到達する前に、あるいは国民に危害がおよぶ前に脅威に立ち向かう。
      • 新たな技術や新たな敵は新たな脆弱性を作り出すことにつながるため、我々は主要なインフラとデジタルネットワークを守るための取り組みを一層強化する。
      • 我々は米国をミサイル攻撃から守るため、多層的なミサイル防衛システムを配備している。

    II. 米国の繁栄を促進する:強い経済は、米国民を守り、米国の生活様式を支え、米国の影響力を維持する。

    • 我々は国力の回復に必要となる米国労働者と企業を利するよう、米国経済を活性化する。
    • 米国はもはや貿易体制の慢性的な乱用を許容しない。自由で公正、互恵的な経済関係を追求する。
    •  米国は21世紀の地政学的な競争を勝ち抜くため、研究、技術および革新の分野で先頭に立たなければならない。我々は、米国の知的財産を盗用し自由な社会の技術を不当に利用する者から、自国の安全保障の基盤技術を守る。
    • 米国は、国際市場を開放し、エネルギー源の多様化とエネルギーへのアクセスの恩恵が、経済の安全保障と国家の安全保障を促進するよう自らのエネルギーの優位性を活用する。

    III. 力による平和を維持する:力強く、一新され、よみがえった米国は、平和を堅持し敵意を抑止する。

    • 我々は米国の軍事力を再建し、最強の軍隊を堅持する。
    • 米国は戦略的競争という新たな時代において、外交、情報、軍事、経済といった分野で国家として持つあらゆる手段を用い、国益を守る。
    • 米国は宇宙やサイバーを含む多くの分野で能力を強化し、これまで軽視されてきた能力も再生させる。
    • 米国の同盟国とパートナー国は、米国の力を拡大させ共通の利害を守る。米国はこうした国々が、共通の脅威に対応するためにより大きな責任を負うことを期待する。
    • 我々は世界の主要地域である、インド太平洋、ヨーロッパ、および中東において、勢力の均衡が米国を利するものになるよう努める。
  • IV. 米国の影響力を向上する: 米国は、その歴史を通じて今後も善を促進する力として、自国の利益を拡大し人類に恩恵をもたらすようその影響力を行使していく。
    • 米国民を守り自国の繁栄を促進するため、我々は今後もその影響力を海外で強化しなければならない。
    • 米国は外交および開発の取り組みにあたり、二国間、多国間、そして情報の領域などあらゆる分野でより良い成果を生み、自国の利益を守り、国民のため新たな経済活動の機会を見出し、競争相手に挑むため競合していく。
    • 米国は自由市場経済、民間部門の成長、政治的安定、平和を促進するため、志を同じくする国々とのパートナーシップを求めていく。
    • 強固で安定し繁栄する主権国家を促進するために、法の支配や個人の権利などを含む米国の価値観を擁護する。
    • 我々の「アメリカ・ファースト」(米国第一主義)の外交政策は、平和や繁栄、そして成功する社会の形成に必要な条件の設定を支援していく建設的な力として、世界における米国の影響力を象徴する。