日本で発生した殺傷事件に関する国家安全保障会議のプライス報道官の声明

米国政府は、本日(日本時間7月26日)神奈川県相模原市で発生した凶悪な殺傷事件で亡くなられた方々のご家族およびご友人に対し、心から哀悼の意を表し ます。また、負傷された多くの方々が、一日も早く回復されることを祈っております。このような暴力は、いかなる理由があっても決して許されるものではあり ません。しかし、今回の襲撃が障害者施設で起きたという事実から、この事件は一層忌まわしく、無分別なものといえます。米国民は日本の友人の皆さんと共 に、被害者のご冥福を心よりお祈りいたします。