在福岡米国領事館首席領事

ジョン・C・テイラー
John C. Taylor
在福岡米国領事館 首席領事

※日本語略歴は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

ジョン・C・テイラーは、在福岡米国領事館で首席領事を務める。在札幌米国総領事館にて、2009年から2012年まで広報文化交流担当領事として勤務。その他、スウェーデンのストックホルム、インドネシアのスラバヤ、ワシントンD.C.、アフガニスタンのカブール、ジンバブエのハラレでの勤務経験がある。札幌在任中は、東日本大震災と津波の前後に、被害を受けた沿岸のコミュニティも含め、東北を何度となく訪れた。いくつかの避難所では、被災後初めてとなる文化イベントを開催した。

空軍勤務の父を持つ家庭に生まれ、ワシントンD.C.近郊の高校を卒業するまでに5つの州を移り住んだ。ユタ州プロボにあるブリガム・ヤング大学にて学士およびMBAを取得。父親が空軍を退職した際に両親がプロボに居を構えたので、プロボを故郷と考えている。大学院への入学前に、日本経済新聞で翻訳者として勤務し、その後1997年に空軍に入隊。ワイオミングにてピースキーパー(Peacekeeper)ミサイルのミサイル技術者としての任務を終えた後は、コロラドの北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)に勤務した。NORADで任務にあたっていた2001年には、米国同時多発テロが発生し、全ての民間機が飛行禁止になったため、対空警戒システムの試験データ消去に従事した。

1987年に初来日し、所属する教会の代表ボランティアとして、岡山、香川、徳島そして広島で6カ月間を過ごした。特に車での旅行が好きで、全米50州全てと、日本の28都道府県を既に訪れている。九州全県と山口への訪問を心待ちにしている。余暇に音楽、将棋を含むボードゲーム、スポーツ競技と観戦を楽しむ。特にボーリングとカラオケを愛する。来年には、妻美帆との結婚30周年を迎える。4人の子供と、1人の孫がいる。