メラニア・トランプ大統領夫人

First Lady Melania Trump

*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

メラニア・トランプ大統領夫人は、1970年4月26日、スロベニアで生まれた。

16歳でモデルの仕事を始める。スロベニアのリュブリャナ大学で学位取得を目指したが、ミラノとパリでモデルとしてのキャリアを積むため学業を中断し、その後1996年にニューヨークへ移った。モデル時代には注目度の高い広告キャンペーンに出演し、パトリック・デマルシェリエ、ヘルムート・ニュートン、アーサー・エルゴート、エレン・フォン・アンワース、ピーター・アーネル、アントワン・バーグラス、マリオ・テスティーノなど、ファッション業界屈指のカメラマンと仕事をしてきた。ヴォーグ、ハーパーズバザー、ブリテッィシュGQ、オーシャン・ドライブ、アベニュー、イン・スタイル、ニューヨーク・マガジン各誌の表紙を飾った。またスポーツ・イラストレイテッドの水着特集号、アルーア、ヴォーグ、セルフ、グラマー、バニティ・フェア、エルなどの雑誌でも活躍。さらに数多くのテレビコマーシャルや番組に出演し、トークショー「ザ・ビュー」ではバーバラ・ウォルターズと共に司会を務めた。

芸術、建築、デザイン、ファッション、美容の分野への関心と情熱を持つメラニア夫人は、ニューヨークの文化的多様性の中で成功を収めた。こうした分野に対する情熱よりもさらに強かったのが、他人の役に立ちたいという思いであり、彼女の寛容さはこれまでも注目されてきた。2005年4月、マーサ・グラハム・ダンスカンパニーの名誉会長となった。青少年の育成を支援する「警察アスレチックリーグ」の会員であり、この団体により2006年ウーマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。また5年連続でボーイズクラブ・オブ・ニューヨークの名誉会長を務めた。2005年には米国赤十字社から親善大使に任命され、4年間誇りを持って務めた。2008年4月、「ラブ・アワー・チルドレンUSA」とナスダックから依頼を受け、第5回全米ラブ・アワー・チルドレン・デーに参加し、全米児童虐待防止月間の開始を告げるナスダックの取引終了ベルを鳴らした。2010年には、メラニア夫人が会長を務めていたアメリカ心臓協会が170万ドルの研究資金を調達した。メラニア夫人の慈善活動に対する熱意は彼女の博愛的な一面を示すものであり、彼女は今も不屈で献身的なニューヨーカーである。

2005年1月、ドナルド・トランプと結婚。2006年3月、第1子バロン・ウィリアム・トランプが誕生した。