在沖米国総領事館総領事

Joel Ehrendreich

ジョエル・エレンライク
在沖米国総領事館総領事
Joel Ehrendreich

*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

ジョエル・エレンライクは米国国務省外務局のキャリア外交官で、現在、在沖米国総領事館の総領事を勤めている。

赴任前はフィリピンのマニラにある米国大使館で経済担当公使として勤務した。それ以前の海外勤務はシンガポールでの経済担当公使、ニュー デリーと在京米国大使館で政治担当官を務めたほか、在シドニー米国総領事館で査証担当官、およびトーゴ共和国で政治・査証担当官を務めた経歴がある。また、1999年から2001年にかけてはホワイトハウスの危機管理室にて上席担当官として勤務した。

米国国務省に入省する以前に米国平和部隊と民間企業で数年勤務した経験がある。1985年にアイオワ州デイモンにあるドレーク大学で経営学士号を取得した。

趣味は野球観戦、自ら試合に参加すること、野球について語ることなどである。その他のスポーツ、映画鑑賞、天文学なども趣味としている。

妻レイチェルもまた在日米国大使館に勤める米国国務省外務局の職員であり、息子が二人いる。