カレン・ペンス副大統領夫人、アートセラピーの普及活動に取り組む

マイク・ペンス副大統領と共に来日中のカレン・ペンス副大統領夫人が伝えるメッセージは「芸術には治療効果もある」。アートセラピー(芸術療法)は絵画などの芸術を用いて、自分では不安、苦痛、感情を表現する言葉を見つけられないトラウマや病気を抱えている人々を支援するものです。ペンス夫人は今回のアジア太平洋地域歴訪中も「アートセラピーとはどのようなものか、そしてどのような効果があるかを人々に知ってもらう」普及に努めています。東京でも都内の病院でのアートセラピーに参加したペンス夫人の活動について詳しくはこちらをご覧ください。