大統領の好みによって変わる執務室

アメリカ大統領が執務する部屋は、その特異な形にちなんでオーバル(=楕円形)オフィスと呼ばれます。しかし1909年以前は、大統領はホワイトハウスの別の一角で執務をしていました。側近たちの近くで仕事をしようとオーバルオフィスに大統領の執務机を移したのは、ウィリアム・タフト大統領でした。

タフト大統領ほど劇的な変化ではないが、歴代の大統領は就任するとそれぞれの好みを反映させて、執務室を模様替えしてきました。新しい家具や、絵画、装飾品がオーバルオフィスに加わわります。ドナルド・トランプ大統領もすでにいくつか模様替えをしており、今後数カ月のうちにさらに装飾が変わるかもしれません。

過去の大統領がオーバルオフィスに取り入れた象徴的な装飾品を紹介しているこちらの記事をご覧ください。