プライバシー(個人情報保護に関する方針)

個人情報保護に関する方針

在日米国大使館および領事館では、当ウェブサイトの閲覧者が自らの意思で個人情報を提供しない限り、閲覧者の個人情報を収集しない。当ウェブサイトを通して個人情報を提供するのは任意であるが、閲覧者が自らの意思で個人情報を提供する場合は、それぞれの場合において、個人情報の使用の許可を認めたことになる。閲覧者が特定の情報を提供しないと、閲覧者の希望するサービスを提供できない場合もある。閲覧者がウェブ上の書式または電子メールなどによって国務省のウェブサイトに個人情報を自主的に提供した場合、そうした情報は閲覧者の求める情報またはサービスを提供したり、閲覧者からのメッセージに答えたりするために利用される。閲覧者から受信する情報の内容は、閲覧者が当サイトで何をするかによって異なる。

閲覧者がインターネットにアクセスする際に使用したドメイン名(.com、.eduなど)、当サイトへのアクセス日時、および当サイトへのアクセスに経由したウェブサイト(検索エンジンやリンク元のページなど)のインターネットアドレスは、自動的に収集・保管される。収集した情報はサイト内の各ページの閲覧者数の把握や、閲覧者にとってのサイトの有用性の向上のために利用する。

電子メールを送信した場合

当サイトの閲覧者が電子メールでコメントや質問を送る際に、自らの意思で個人情報を提供する場合がある。こうした情報は閲覧者へのサービス向上または閲覧者の要望に対応するために利用する。より適切な対応が可能な他の米国政府機関へメールを転送する場合もある。法執行機関による正式な捜査の場合を除き、メールを他の外部組織と共有することはない。

第三者のウェブサイトおよびアプリケーション

当サイトは、ソーシャル・ネットワーキングのサイトや第三者のウェブサイトなどにリンクしている。また外国の人々との交流や世界中で広報外交を展開するために、ソーシャル・ネットワーキングのサイトは在日米国大使館のイベントのお知らせや、一般の方々との交流のためにも利用されている。当サイトでは、サイトやサイト内のページの閲覧者数を調べたり、サイトを閲覧者にとって、より利用しやすくするためにウェブ測定・ウェブカスタマイズ技術を利用している。場合によっては、第三者のウェブサイトへの申し込み・登録のためにそのサイトからメールアドレス、氏名、パスワード、住所などの情報が求められるかもしれない。在日米国大使館・領事館では、個人情報を収集するために、第三者のウェブサイトを利用しない。また、法の執行や法律による要請がない限り、第三者のウェブサイトが収集した個人情報の収集、保存はせず、個人情報の公開、販売、国務省以外の組織への移動はしない。

在日米国大使館・領事館では、閲覧者の中から無作為に抽出したサンプルを対象に、意見や感想を収集するために各種のオンライン・アンケート調査を実施することがある。国務省は、主としてフォーシー・リザルツ米国顧客満足度指数(ACSI)オンライン調査を継続的に利用して、各ウェブサイトの閲覧者の満足度に関する感想とデータを収集している。この調査では、個人情報は収集しない。無作為に抽出された閲覧者を対象にアンケート調査への参加呼びかけが表示されるが、アンケート調査への参加は任意である。また大使館のすべてのウェブサイトでアンケート調査が実施されるわけではない。アンケート調査に参加しなくても、参加した場合と同様の情報や資料を当サイトから入手できる。アンケート調査の報告書を入手できるのは、ウェブマネージャーなど、任務遂行のためにこうした情報を必要とする、指定されたスタッフのみである。その他の期間限定のアンケート調査を特定の目的のために実施することがあるが、その場合は掲載時にその内容を説明する。

トラッキングとカスタマイゼーションのために収集される情報(クッキー)

クッキーとは、閲覧者が接続している間に、コンピューターがそのセッションに関する具体的な情報を記憶できるようにするために、ウェブサイトがそのコンピューターに送信する小さなテキストファイルである。閲覧者のコンピューターは、クッキーに含まれる情報を、その情報を提供したウェブサイトとのみ共有する。それ以外のウェブサイトがその情報を要求することはできない。クッキーには以下の2種類がある。

  • セッション――セッション・クッキーは、ウェブブラウザーが開いている間のみ存在する。ブラウザーを閉じればセッション・クッキーは削除される。ウェブサイトは、サイトのナビゲーション向上などの技術的な目的で、または閲覧者がウェブサイト利用の好みを設定できるようにするためにセッション・クッキーを使うことがある。
  • パーシステント――パーシステント・クッキーは、閲覧者がそのサイトを初めて訪れるのか、以前にも使ったことがあるのかを知るために、閲覧者のハードドライブに保存される。そして、以前にも使ったことのある閲覧者に対してはフォーシーの顧客満足度調査への勧誘を繰り返さないようにブロックする。

セッション・クッキーまたはパーシステント・クッキーを自分のコンピューターに保存したくない場合は、ブラウザーで<a href=” http://www.usa.gov/optout_instructions.shtml>クッキーをオフにする</a >ことができる。クッキーをオフにしても、当サイトのすべての情報・資料にアクセスできるが、ウェブサイトによっては機能に影響が出る場合もある。ブラウザーでクッキーをオフにすると、他のウェブサイトを閲覧するときにもそのサイトでのクッキーの利用に影響を及ぼすので注意が必要である。

外部のウェブサイトへのリンク

当サイトには他の米国政府機関・大使館、国際機関、および米国内外の民間組織へのリンクが多数掲載されている。リンクから別のサイトへアクセスすると当サイトを離れることになり、リンク先のサイトの個人情報保護に関する方針が適用される。

在日米国大使館・領事館では正確かつ完全な情報を提供できるようあらゆる努力をするが、間違いが全くないと保証することはできない。当サイトに掲載されている文書および情報について、大使館・領事館、その職員、受託業者のいずれも、明示的か黙示的かにかかわらず、当サイトで入手できる文書の特定目的に対する市場性および適合性の保証を含め、いかなる保証もしない。また大使館・領事館は当サイトで公開されるいかなる情報、製品、またはプロセスについても、その正確性、完全性、または有用性について法的責任を負わない。またそうした情報、製品、またはプロセスの使用が、個人が所有する権利を侵害しないと表明してもいない。

当サイトの安全を守り、今後もすべての利用者が当サイトを利用できるようにするために、国務省はネットワークトラフィックを監視し、許可なく情報をアップロードまたは変更する、あるいは他の方法で損害を与えようとする行為を見つけるソフトウエア・プログラムを使用している。当サイトで許可なく情報をアップロードまたは変更しようとする行為は、1986年コンピューター詐欺・乱用防止法で固く禁じられており、処罰の対象となる可能性がある。情報は法執行機関による正式の捜査のために使用される場合もある。前記以外の目的で個々の利用者あるいはその利用習慣を特定しようとすることはない。当サイトで情報を許可なくアップロードおよび/または変更しようとする行為は、1986年コンピューター詐欺・乱用防止法、および合衆国法典第18編第1001条および第1030条により固く禁じられており、訴追の対象となる可能性がある。