従軍慰安婦問題の解決に関するケリー国務長官の声明

*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

2015年12月28日

米国は、「従軍慰安婦」という長年にわたる微妙な歴史問題に関し、日本および韓国政府が合意に達したとする本日の発表を歓迎する。両国はこの合意の実施に より、この問題を「最終的かつ不可逆的に」解決することを明確にした。我々は、この合意が癒しを促進し、米国にとって最も重要な2つの同盟国の関係改善に 資することを確信する。米国は、この合意に達するための勇気とビジョンを持った日韓両国の指導者をたたえ、国際社会にこの合意を支持するよう求める。米国 は、我々の経済関係および安全保障面での協力の促進のほか、地域および国際的な問題について引き続き両国と協力して取り組むことを期待する。