マティス国防長官、安倍首相との会談で強固な日米同盟を強調

*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

国防総省ニュース
2017年2月3日、ワシントン

米国国防総省の報道官ゲーリー・ロス米海軍中佐によると、ジェームズ・マティス国防長官は東京で行われた安倍首相との会談で、強固な日米同盟を再確認した。

マティス国防長官は、先月の長官就任後初となる外国訪問で、本日(2月3日)韓国から日本に到着した。

ロス報道官は会談の内容をまとめた声明で、今回の訪問は米国の新政権によるアジア太平洋地域重視と、長期にわたる日米同盟の重要性を強調するものであるとマティス長官が言及したと述べた。

会談の冒頭でマティス長官は「最初にこの地域を訪問したいと思っていた」と述べた。「ワシントンでのこの政権移行期に、米国が安倍首相、そして日本国民と緊密に連携していくという点で誤解の余地がないようにしたいと思っている」

共通の脅威

マティス長官は会談で、共通の脅威に対して日本を防衛するという米国の約束を堅持することも強調した。

「北朝鮮の挑発行為や、他のさまざまな課題に日米が共に直面しているため、日米安全保障条約第5条が、1年前、5年前と同じように現在においても、有効であると理解されていること、そして1年先、10年先もそれは変わらないということを確認したい」と長官は述べた。

ロス報道官によると、マティス国防長官は、尖閣諸島をめぐる日本と中国の間の領有権問題に関して、米国の長年にわたる立場も確認した。すなわち、日米安全保障条約を日本の施政下にある全ての地域に適用すること、そして日本による尖閣諸島の施政を脅かすことを意図したいかなる一方的かつ威圧的な行動に対しても、米国は今後も継続して強く反対していくという立場である。ロス報道官はまた、長官が地域および世界の安全保障と日米同盟への日本の顕著な貢献に対して、安倍首相に謝意を述べたことも付け加えた。

マティス国防長官は、日米同盟を支えるため日本が5万4000人の米軍兵士とその家族を受け入れ、また在日米軍再編計画を継続的に支援していることに謝意を述べた。

ロス報道官はまた、長官が沖縄の米軍再編の一環として、米海兵隊普天間飛行場の代替施設に関する日米同盟の揺るぎない決意を再確認したと述べた。


写真キャプション: 安倍首相(右から2人目)、稲田朋美防衛大臣(右)と会談するジェームズ・マティス国防長官 (左)。2017年2月3日、東京 (DoD photo by Army Sgt. Amber I. Smith)