ティラーソン国務長官、ドイツ・ボンを訪問(2017年2月15-17日)

*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

ティラーソン国務長官は、主要20カ国・地域(G20)外相会合に出席するため、2月15-17日にドイツ・ボンを訪問した。国務長官就任後、初の外国訪問であった。

ボン滞在中、ティラーソン国務長官は、G20会合のセッションのほか、2カ国間協議にも参加した。また、英国、サウジアラビア、オマーン、アラブ首長国連邦の外務大臣、および国連特使と会談し、イエメン情勢について協議した。

G20は、世界の国内総生産(GDP)の80%以上を占める主要先進国および途上国が集まり、国際経済協力を話し合う重要な場である。G20外相会合は、世界の平和と繁栄への支援に向けた外交政策の役割について非公式に協議する機会となっている。2017年はドイツが議長国を務める。