ワシントン近郊で開催の SelectUSA対米投資サミットに世界の投資家が参加

米商務省主催のSelectUSA対米投資サミットは、外国からの対米直接投資を促進する最も注目を集めているイベントです。今年のサミットには世界60カ国と全米から、3000人が参加しました。過去4回のサミットの参加者が発表した米国内での「グリーンフィールドFDI」は、総額約930億ドルに上り、14万以上の雇用を創出しています。