北朝鮮の核実験に関するオバマ大統領の声明

*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

2016年9月10日

米国政府は、北朝鮮による9月9日の核実験が、地域の安全保障および国際社会の平和と安定に対する深刻な脅威であるとして、可能な限り最も強い言葉 でこれを非難する。北朝鮮が、今世紀に核兵器実験を行なった唯一の国であることは明らかである。今回の実験は、北朝鮮が行った今年2回目の核実験であり、 米国、およびその同盟国である韓国と日本を標的とする核兵器の運搬手段としての役割を果たすと北朝鮮が主張する、弾道ミサイルの発射という前例のない軍事 行動に続くものである。私は米軍最高司令官として、米国民を守る責任を負っており、今回の脅威および北朝鮮によるその他の挑発行為に対し、米国が国際社会 を主導し、相応の決意を持ち、厳しく糾弾することを保証する。

はっきりと言う。米国は、北朝鮮を核保有国として容認しないし、今後も決して容認することはない。北朝鮮の挑発的かつ不安定化を招く行動は、自 らが掲げる国の安全保障および経済開発の目標を達成するどころか、核兵器および弾道ミサイル力を執拗に追求することで、自国民を孤立させ、貧困に陥らせて きた。本日の核実験は、国連安全保障理事会が採択した複数の決議への明白な違反であり、北朝鮮が国際的な行動規範・基準を無視していることを明らかにし、 責任ある国際社会の一員となることに全く関心がないことを示している。

私は昨夜、アジアでのG20および東アジアサミットの会合から帰国した。会合では、各国の首脳と一致団結して北朝鮮に非核化路線への回帰を訴え た。今回の核実験の知らせを聞き、私は韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領および日本の安倍晋三首相と個別に電話協議を行なった。我々は、非合法かつ危険な 行動には結果が伴うことを北朝鮮に示すため、国連安全保障理事会、他の6者協議参加国ならびに国際社会と連携し、これまでの決議で課した従来の措置を積極 的に実施し、新たな制裁を含む、意味のある手段を追加的に講じることで一致した。朴大統領および安倍首相に対し、韓国への終末高高度防衛(THAAD)ミ サイルシステムの配備を含む、域内の同盟諸国の防衛に必要な措置を講じる米国の揺るぎない決意をあらためて伝えるとともに、あらゆる領域における米国の防 衛能力が保証する拡大抑止を提供することを約束した。