米国ビザ及び公証業務の一時停止についてのお知らせ

3月19日(木)より、在日米国大使館及び領事館は、非移民ビザの面接を一時的に停止します。また、公証業務の新規予約受付も停止します。この措置は、外交・公用ビザまたは移民ビザ申請には該当しません。米国市民に対する全ての業務は、新たな公証業務の予約受付を除き、通常通り行います。

3月19日またはそれ以降の非移民ビザの予約は全てキャンセルとなります。キャンセルされた面接予約日にご来館しないようご注意下さい。通常のビザ業務は、できる限り早急な再開を目指しますが、現段階において具体的な日程はお伝えできません。すでにビザの面接にお越しになり、追加情報を求められている場合、必要な情報を指定の方法でお送り頂ければ、引き続き審査を継続します。

ビザ面接予約はキャンセルされますが、ビザ申請料金は支払日より1年間有効です。ビザ面接が再開され次第、有効期限内であれば新たに申請料金を支払うことなく再度面接予約を取ることが可能です。

領事との面接が必要でないビザ申請は引き続き受け付けます。ご自身のビザ申請が郵送申請の条件に該当するかは、下記ウェブサイトをご参照下さい。

米国へ緊急で渡航する必要がある方はビザコールセンターへご連絡下さい。緊急面接枠は、非常に限られています。緊急面接に該当する条件をまとめたガイダンスはこちらのウェブサイトをご覧下さい。

緊急の公証業務リクエストをご希望の方は、お近くの米国大使館・領事館の市民課までお問合せ下さい。

ご不便をおかけしますが、ご理解の程宜しくお願いします。最新情報は、米国大使館ビザ課ツイッター@USVisaTokyoをフォローして下さい。