大統領の一般教書演説とその意義

2月5日、トランプ大統領は一般教書演説を行います。世界中に中継され、多くの人々が視聴する一般教書演説は、毎年1月か2月に連邦議会議事堂で行われ、大統領が過去1年間の成果を振り返り、次の1年の政治課題を説明する機会となります。

一般教書演説は、米国の民主主義が機能していることを如実に表すものです。また、連邦政府の三権の代表が一堂に会する数少ない機会の一つです。