2017年人身取引報告書を公表

ティラーソン国務長官 は6月27日、2017年人身取引報告書を公表し、「人身取引は現代における最も深刻な人権問題のひとつである。人身取引は家族を離散させ、世界市場をゆがめ、法の支配を弱体化させ、国境を越えた犯罪活動に拍車をかける。治安や国家安全保障を脅かすものでもある」と述べました。また「人身取引という犯罪は人間の自由と尊厳を奪うものであり、だからこそ我々は人身取引を終わらせなければならない」ことを表明し、「本日我々は、この目標達成に向け一歩を踏み出した。2017年人身取引報告書には、この重要な問題に関し我々が成し遂げたことと今後取り組むべき事柄が記載されている」と語りました。

また発表に際し、世界各地で人身取引の問題に取り組む人々を表彰しました。