新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するよくある質問

*下記の日本語文書は参考のための仮抄訳で、正文は英文です。
Source: https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/faq.html

新型コロナウイルスは、これまでに確認されていない新しいコロナウイルスです。コロナウイルス感染症2019(COVID-19)を引き起こすウイルスは、風邪のように軽い病気を引き起こす人への感染が一般的なコロナウイルスとは異なります。

コロナウイルス229E、NL63、OC43またはHKU1の診断はCOVID-19の診断とは異なります。COVID-19の患者は、他のコロナウイルス患者と異なる検査診断や治療を受けます。

世界保健機関(WHO)は、中国武漢で最初に確認された2019新型コロナウイルスの感染で引き起こされる疾患の正式名称を2020年2月11日に発表しました。正式名称は「コロナウイルス感染症2019(coronavirus disease 2019)」、略称COVID-19です。COVID-19の「CO」は「コロナ(corona)」、「VI」は「ウイルス(virus)」、「D」は「疾患(disease)」を表します。それまでは、「2019新型コロナウイルス」または「2019-nCoV」と呼ばれていました。

人に感染するコロナウイルスはいくつもあり、そのうち軽度の上気道呼吸器疾患を引き起こすものもあります。COVID-19は新しく発見された疾患で、これまで人での感染が確認されていない新型コロナウイルスが引き起こすものです。この名称は、WHOが定めた新しいヒト感染症の名称決定ガイドラインに沿って選ばれました。

Q3: COVID-19を理由に、特定の個人やグループを避けたり非難したりする(スティグマの対象にする)恐れがあるのはなぜですか?

米国内の人々は、COVID-19が広まっている地域に住んでいたり、あるいはそこを訪れている親戚や友人を心配し不安に思っているでしょう。病気感染の心配をしている人たちもいます。不安や恐怖心が、例えば中国人やその他のアジア系の人たち、あるいは検疫を受けた人たちを社会的なスティグマの対象にしてしまうのです。
スティグマというのは、ある特定の人からなるグループや、地域、国などに対する偏見のことです。COVID-19がどのように感染するかの知識がないこと、誰かを非難したい心理、病気や死への恐怖、噂や作り話の拡散などがスティグマにつながっていきます。

スティグマのため、実際の問題である病気のかわりに、どこにでもいる人たちに対する恐怖心が助長されて敵対心が高まり、結局すべての人に被害を及ぼすことになります。

米国内の人々は、COVID-19が広まっている地域に住んでいたり、あるいはそこを訪れている親戚や友人を心配し不安に思っているでしょう。病気感染の心配をしている人たちもいます。不安や恐怖心が、例えば中国人やその他のアジア系の人たち、あるいは検疫を受けた人たちを社会的なスティグマの対象にしてしまうのです。
スティグマというのは、ある特定の人からなるグループや、地域、国などに対する偏見のことです。COVID-19がどのように感染するかの知識がないこと、誰かを非難したい心理、病気や死への恐怖、噂や作り話の拡散などがスティグマにつながっていきます。

スティグマのため、実際の問題である病気のかわりに、どこにでもいる人たちに対する恐怖心が助長されて敵対心が高まり、結局すべての人に被害を及ぼすことになります。

社会的支援を提供することで、偏見に対処し、他人を傷つけずに援助することができます。事実を知り共有することで偏見を防ぎましょう。ウイルスが特定の人種や民族だけに感染することはないという事実、そして新型コロナウイルスの感染が実際にどう拡大するかについて情報を交換することが、偏見を防ぐことにつながります。

コロナウイルスはウイルスの一種で、いくつもの種類があります。人間に感染して病気を引き起こすコロナウイルスもあれば、イヌやネコなど動物にしか感染しないものもあります。動物に感染するコロナウイルスが人間に感染して、人から人へ感染することもまれにあり、COVID-19もそのように発生したと疑われています。COVID-19以外では、MERS(中東呼吸器症候群)やSARS(重症急性呼吸器症候群)が動物から人間に感染したコロナウイルスの例です。COVID-19の由来や感染などの詳細については、こちらのページを参照してください。

このウイルスは、中国湖北省武漢市で初めて確認されました。当初確認された感染者は生きた動物を扱う市場につながりがありましたが、現在では人から人への感染が確認されています。人から人への感染は、感染力の度合が違う場合もあることに注意するべきです。はしか(麻疹)のように非常に感染力が強いウイルスもあれば、それほどでもないウイルスもあります。

COVID-19を引き起こすウイルスは、ある特定の場所において地域での感染拡大が見られます(市中感染)。市中感染とは、ある特定の地域の人々がウイルスに感染することです。感染経路が不明な事例も含まれます。

新しいコロナウイルスの感染拡大についてこれまで判明していることについては、こちらのページを参照してください。

COVID-19発病のもとになるウイルスは、人から人に伝染しています。COVID-19の症状が出ている人は他の人を感染させる可能性があります。このためCDCは、患者が回復して他人に感染させるリスクがなくなるまで、(重症度によって)病院または自宅に隔離することを勧めています。
それぞれの患者がCOVID-19から回復するのに必要な期間は異なるため、患者の隔離を解除する時期は、その患者ごとに医師、感染予防対策の専門家、公共衛生担当者との協議で決定します。その際には、患者の病気の重症度、兆候や症状、検査の結果など、それぞれに固有の状況を考慮します。
現在、CDCによる隔離解除の時期についての指導は個別に行われていますが、以下の条件を全て満たしていなければなりません。

  • 解熱剤を使用せずに解熱していること
  • 咳などを含む症状がすでにないこと
  • 最低24時間の間隔を空けて少なくとも2回連続で採取した呼吸器検体の検査結果が両方とも陰性であること

隔離を終えた人が他の人にCOVID-19を感染させるリスクはないとされています。

検疫というのは、伝染性の病気にさらされたものの病気なっていない(発症していない)個人や集団を、病原体にさらされていない集団から隔離して病気が伝染する可能性を防ぐことを言います。通常、伝染病の病原体にさらされた人が発症する可能性のある期間、すなわち潜伏期間を検疫期間とします。COVID-19については、類似のコロナウイルスの潜伏期間が最長で2週間であるため、最後に病原体と接触した日から2週間を検疫期間としています。COVID-19の検疫を終えた人は潜伏期間中に発症しなかったため、他の人への感染の恐れはないと考えられます。

一般的にコロナウイルスは、呼吸器の飛沫を介して人から人へと広がると考えられています。今のところ、食品に関連したCOVID-19の感染を裏付ける証拠はありません。一般的な食品安全性のために、料理や食事の前には必ず石鹸で手を洗い、20秒間水で流しましょう。また1日を通して、鼻をかんだり、咳やくしゃみをしたり、トイレに行った後には、必ず手を洗いましょう。

ウイルスが付着した場所や物を触った手で、口、鼻、または目に触れることにより感染することも考えられます。しかし、これはウイルス拡大の主要因とは考えられていません。

一般的に、物の表面に付着したコロナウイルスの生存率は低いので、室温、冷蔵、冷凍で数日~数週間前に出荷された食品やパッケージからウイルスが広がる危険性はほとんどありません。

COVID-19の拡大について分かっていることはこちらのページを参照してください。

天気や気温がCOVID-19の拡大に影響するかどうかはまだ分かっていません。一般的な風邪やインフルエンザのようなウイルスは、寒い時期に広がりやすいのですが、それ以外の時期にこれらのウイルスで病気にならないわけではありません。今のところ、暖かくなったらCOVID-19の拡大が収まるかどうかは分かっていません。COVID-19については、伝染性、深刻度など不明な点がまだたくさんあり、調査が行われているところです。

市中感染とは、ある特定の地域の人々がウイルスに感染することです。感染経路が不明な事例も含まれます。

現在、状況は刻々と変化しており、リスク評価も日々変化する可能性があります。最新情報はCDCのウェブサイト「Coronavirus Disease 2019 (COVID-19)」に掲載されています。

米国内でも感染が起きています。旅行や感染者との濃厚接触によって、COVID-19が伝染しています。月曜日から金曜日までの毎日、米国内の感染者数が報告されています。現時点での国内のCOVID-19感染者数は、こちらのページを参照してください。

COVID-19などの呼吸器疾患から身を守る方法については、こちらのページを参照して下さい。

COVID-19の感染が確認された人、もしくは感染の疑いで検査を受けた人との濃厚接触2があった方への情報については、こちらのページを参照してください。

最初にCOVID-19が発生した中国の初期段階の情報は、高齢者および、心臓病・糖尿病・肺疾患などの慢性疾患を抱えている人が感染すると、重症化のリスクが高いことを示しています。

重症になるリスクが高い人は以下を心がけてください。

  • 生活用品を備蓄しておく
  • 日常生活で他人との間に距離を置くよう注意する
  • 外出する際、病気にかかっている人に近づかない
  • 近距離での人との接触を避け、手洗いを頻繁にする
  • 人混み、クルーズ旅行、不要不急の旅行を避ける

自分の住む地域で流行が確認された場合は、できるだけ外出しないでください。症状や緊急事態を示す徴候が生じていないか注意しましょう。病気にかかった場合は、外出せずにかかりつけの医者へ電話してください。準備や感染時の対処方法、また重症化リスクが高い人を地域や介護者がどのようにサポートできるかについては、こちらのページを参照してください。

CDCは、健康な人がCOVID-19を含む呼吸器疾患の予防目的でマスクを着用することを勧めてはいません。医療従事者が着用を勧めた場合にのみ、マスクを使用してください。マスクはCOVID-19に感染して既に発症している人が、他の人たちを感染のリスクから守るためにつけるものです。医療従事者や、(自宅や病院・療養所などで)COVID-19に感染した人を近くで看病している人たちにとっても、マスクを着用することは非常に重要です。

新たに出現したCOVID-19とその拡大に関しては、分からないことがまだたくさんあります。過去に発生した別の2つのコロナウイルス(MERS-CoVとSARS-CoV)は、深刻な疾患を引き起こしました。COVID-19を引き起こすウイルスは、遺伝子学的にMERS-CoVよりもSARS-CoVに関係があります。しかし、両方ともコウモリに由来するベータコロナウイルスです。コロナウイルスの習性が、SARS-CoVやMERS-CoVと同じかどうかははっきり分かりませんが、この2つのウイルスから得られた情報を活用することは可能です。一般的に、物の表面に付着したコロナウイルスの生存率は低いので、室温で数日~数週間前に出荷された食品やパッケージからウイルスが広がる危険性はほとんどありません。一般的にコロナウイルスは、呼吸器の飛沫を介して広がる場合が多いと考えられています。今のところ、輸入品に関連したCOVID-19の伝染を裏付ける証拠はありません。また、輸入品に関連した伝染事例は、米国内では確認されていません。情報は随時、CDCのウェブサイト「Coronavirus Disease 2019 (COVID-19)」に掲載されます。

COVID-19患者の症状としては、発熱1、咳、呼吸困難を伴う軽度から重度の呼吸器疾患などが現在報告されています。COVID-19の症状については、こちらのページを参照してください。

発熱、咳、呼吸困難などの症状があり、COVID-19と診断された人と濃厚接触があった、あるいは最近COVID-19感染拡大地域への渡航歴がある場合は、外出せずにかかりつけの医療機関に電話してください。高齢者、重度の基礎疾患がある人、免疫力が低下している人は、症状が軽くても早期に医療機関へ連絡するべきです。継続的な痛み、胸部の圧迫感、新たな錯乱または起き上がれないほどの倦怠感、蒼白な顔色や紫色の唇などの重い症状がある場合は、医療機関か救急外来に連絡して直ちに治療を受けてください。これらがCOVID-19の症状・徴候なのか、そして検査が必要かを医師が判断します。

CDCが開発した検査キットでは、陰性結果は検査対象者の検体からウイルスが検出されなかったことを意味します。感染の初期段階では、ウイルスが検出されない可能性があります。

症状がみられる人の検体検査結果が陰性の場合、その病気はCOVID-19によるものではない可能性が高いことを意味します。

米国内の人々は、COVID-19が広まっている地域に住んでいたり、あるいはそこを訪れている親戚や友人を心配し不安に思っているでしょう。病気感染の心配をしている人たちもいます。不安や恐怖心が、例えば中国人やその他のアジア系の人たち、あるいは検疫を受けた人たちを社会的なスティグマの対象にしてしまうのです。

スティグマというのは、ある特定の人からなるグループや、地域、国などに対する偏見のことです。COVID-19がどのように感染するかの知識がないこと、誰かを非難したい心理、病気や死への恐怖、噂や作り話の拡散などがスティグマにつながっていきます。

スティグマのため、実際の問題である病気のかわりに、どこにでもいる人たちに対する恐怖心が助長されて敵対心が高まり、結局すべての人に被害を及ぼすことになります。

社会的支援を提供することで、偏見に対処し、他人を傷つけずに援助することができます。事実を知り共有することで偏見を防ぎましょう。ウイルスが特定の人種や民族だけに感染することはないという事実、そして新型コロナウイルスの感染が実際にどう拡大するかについて情報を交換することが、偏見を防ぐことにつながります。

現在感染は拡大の途上にあり、状況は刻々と変化しています。CDCは今後も随時、最新情報を提供していきます。CDCは週7日、昼夜の区別なく米国民の健康を守るための活動を行っています。COVID-19に関するCDCの取り組みについては、こちらのページを参照してください。

脚注

1発熱は自覚症状または測定されたもの。

2濃厚接触の定義は以下の通り。

  1. COVID-19感染者から約6フィート(2メートル)の距離に長期間いた。感染者の看病、感染者との同居、感染者宅への訪問、または同じ病院の待合室や部屋に滞在することも含む。または
  2. COVID-19感染者の感染性分泌物に直接触れる。(例:咳を浴びる)

推奨される個人防護具(例:ガウン、手袋、米国国立労働安全衛生研究所認定の使い捨てN95マスク、目の防護具)を使用していない時にこのような接触があった場合は、PUI判断基準が適用される。

詳しくは、米国疾病予防管理センターの最新版「Interim Healthcare Infection Prevention and Control Recommendations for Persons Under Investigation for 2019 Novel Coronavirus」を参照してください。

濃厚接触の定義を公開するためのデータは限られています。濃厚接触の判断には、曝露の長さ(例:時間が長ければ長いほど、曝露のリスクが高まります)とCOVID-19感染者の臨床症状(例:咳は重症患者への曝露と同じようにリスクを高めます)が含まれます。医療現場で曝露リスクにさらされているスタッフには、特別な配慮が必要です。