出生届のチェックリスト

  1. 出生届
  2. 出生届のチェックリスト
  3. 結婚
  4. 日本での離婚
  • 必要書類が全て揃っていない場合、申請を受付けることができません。その場合、再度予約をお取り直しいただくことになりますので、ご了承ください。
  • 証明書類は必ず原本とコピー(片面で印刷)を一部お持ちください。原本は申請書を確認後に返却いたします。
  • 英語以外の書類の場合は、英訳もお持ちください。テンプレートも使用できます。
  • 必ずご両親と申請者ご本人(お子様)が窓口にて申請してください。

出生証明書(Consular Report of Birth Abroad)申請チェックリスト

出生証明書申請書 (DS-2029)

パスポート申請書(DS-11)

  • 申請書DS-11 (片面で印刷) 申請書の記入方法
  • ソーシャル・セキュリティー・ナンバーの欄には“000-00-0000”を入力してください。
  • ご両親のどちらかが申請時にご来館できない場合は、こちらをご参照ください。

出生の証明(原本+コピー1部)と英訳

  • 父母どちらかが日本国籍の場合:お子様の出生が反映している戸籍謄本(原本)と英訳
  • 父母共に日本国籍以外の場合:出生届記載事項証明書、もしくは出生届受理証明書の原本と英訳
    注:証明書は原本であれば有効期限は問いません。

お子様の名前変更に関する宣誓供述書

  • 出生届に記載されているお子様の名前とは別の名前を米国で付ける場合、ご両親のサインが入った宣誓供述書をご準備ください。宣誓供述書には、「なぜ違う名前を希望するか」という理由が必要です。宣誓供述書は公証されている必要がありません。領事より質問がある場合もございますのでご協力ください。また、規定によりご希望の名前が受け付けられない場合もございますので予めご了承ください。

両親の結婚の証明(原本+コピー1部)

  • 日本で結婚された場合:戸籍謄本、または婚姻届受理証明書の原本と英訳
  • 米国で結婚された場合:City/County/Stateが発行したMarriage Certificate(原本)
    注:証明書は原本であれば有効期限は問いません。

両親の前婚が解消されている証明(原本+コピー1部)

  • 前婚がある場合、離婚あるいは死亡の証明(全ての結婚分)の原本(英文でない場合は英訳も)をお持ちください。

親の米国籍の証明(原本+コピー1部)

  • 詳しくは、米国籍の証明のページをご覧ください。
  • 親が帰化して米国籍を取得した場合は、必ず帰化証明書(原本)をお持ちください。

米国籍の親が米国に居住していた証明

  • 片親のみが米国籍の場合、子供の出生以前に米国に居住していた証明をお持ちください。(証明の例:学校の成績証明書、給料明細書、DD214(米軍関係者)。二次的な証明の例:クレジットカードの明細書、公共料金支払い明細書、会社のTax フォーム、パスポートの出入国スタンプ)
  • 米国籍を持つ親の米国在住期間は、子供が米国籍を取得する上で必須条件の一つです。詳細に関しましてこちらをご参照ください。

両親の関係の証明

  • お子様が非嫡出子の場合、子供を授かった時期に両親が一緒の場所にいた証明 (例:パスポートの入国スタンプ、ミリタリー・レコード(軍の記録)及び、子供を授かる前のご両親のご関係の証明(例:手紙、写真、Eメールのプリントアウト等)をお持ちください。

両親のパスポート(原本+コピー1部)

申請料

写真

ご返信用レターパック

  • ご自身の住所を記入の上、いずれかのレターパックを一通ご持参ください。
    レターパックライト:370円、追跡サービス有り、受領印必要無し
    レターパックプラス:520円、追跡サービス有り、受領印、または署名必要
    ご住所がAPO/FPOの方は、ご自身の住所を記入の上、返送用封筒を一部ご持参ください。封筒は軍事郵便(MPS)により郵送されます。軍事郵便(MPS)は追跡ができません。
    *注意:2019年10月1日からレターパックの料金が10円値上がりします。詳しくはこちらをご覧ください。

父親、もしくは母親がお子様と一緒に大使館にお越しいただけない場合

  • お子様が嫡出子の場合で、ご両親のどちらかが申請時にお越しいただけない場合はこちらをご参照ください。
  • お子様が非嫡出子の場合で、米国籍の親が申請時にお越しいただけない場合はこちらをご参照ください。

ソーシャル・セキュリティー・ナンバー(社会保障番号)は、新生児のパスポートと出生証明書の発効後に初めて申請できます。詳細については、こちらをご参照ください。