各種証明書の取得方法

米国大使館では、当館が発行した出生証明書や死亡証明書などの記録は保管していません。これらの証明書はすべて米国ワシントンにある国務省に保管されています。米国の出生証明書は、出生地の州政府に保管されています。また、日本で登録された婚姻や離婚などに関する記録は、米国大使館ではなく日本の市役所・区役所などに保管されています。

このページでは、各種証明書の入手方法を説明しています。当館では証明書の代理申請や、日本語で発行された書類の翻訳業務は行っておりませんのでご了承ください。

出生証明書(Consular Report of Birth Abroad)

Consular Report of Birth Abroadは、米国外で米国籍の親を通じて米国籍を取得されたお子様(申請時に18歳未満)に発行されるものです。FS−240として知られるこの出生の記録は、出生証明書(Certificate of Birth・DS−1350)と同様に、出生および米国籍の証明となります。証明書の再発行については国務省のホームページをご覧ください。

死亡証明書(米国籍)

この死亡証明書は、米国大使館・領事館で発行された米国籍の方の死亡証明書です。この証明書は死亡した国で発行された死亡証明書に基づいて発行されています。申請方法については国務省のホームページをご覧ください。

婚姻立会証明書

婚姻立会証明書は、婚姻の当事者のうち一名あるいは双方が米国籍であった場合の米国外での婚姻の事実が記載された書類です。この証明書は米国大使館・領事館で発行されましたが、1985年に廃止されました。申請方法は国務省のホームページをご覧ください。

米国籍離脱証明書

米国籍離脱証明書は、米国大使館・領事館で発行された米国籍離脱を証明した書類です。申請方法については国務省のホームページをご覧ください。

注 意:申請書は必ず公証が必要になります。米国大使館・領事館で申請書を公証することも可能です。なお、公証サービスは無料です。公証業務についての詳細は公証のページをご覧ください。

アメリカでは、出生、死亡、結婚に関する記録はその事実が発生した州、郡、市当局により保管されます。詳しい入手方法については、下記をご覧ください。

出生証明書など米国内の各種証明書の取得方法についての詳細は米国疾病対策センターのホームページをご覧ください。

また、有料で証明書を取得できるオンラインサービスもあります。

  • Vital Chek :オンラインや電話、ファックスで出生、死亡、結婚などの証明書を請求できます。
  • US Birth Certificate:このサービスを利用するためには私書箱や米軍の郵便システムの住所ではなく、番地まで入った住所が必要です。

日本国籍の方の出生、婚姻、離婚、死亡などの情報は戸籍謄本という書類に記録・記載されます。

日本国籍以外 の方は戸籍謄本はありません。ただし、日本に居住する外国籍の方も戸籍法により、日本での出生や死亡などについて日本政府に報告する必要があります。外国籍の方が日本で婚姻や離婚をした場合も、日本の手続きに従って登録する必要があります。日本での出生、婚姻などについては、居住地を管轄する市区町村役場の戸籍課にご連絡ください。

東京在住の方は、戸籍に関する情報東京の区役所・市役所の連絡先をご参照ください。

出生届記載事項証明書

東京法務局によると、外国籍の方の出生記録は登録された市役所または区役所に保管されています。東京には23の区があり、東京近郊の川崎や横浜などの大都市にも区があります。

外国籍の方の出生届の記録は永久保存されません。記録の保管期間は役所によって異なりますが、10年間のみ保管する役所もあります。通常、お子様の両親が居住地を管轄する市役所または区役所に届け出ます。

東京の区役所・市役所の連絡先は、都庁のウェブサイトをご覧ください。

出生届記載事項証明書を発行するには、通常、下記情報が必要になります。

  • お子様の氏名
  • 現住所
  • 生年月日
  • 出生を届けた日(もし分かれば)
  • 両親の氏名と国籍
  • 証明書の使用目的
  • 一部350円
  • 切手を貼った返送用封筒

当館では証明書の代理申請や、日本語で発行された書類の翻訳業務は行っておりませんのでご了承ください。

無犯罪証明は在日米国大使館・領事館で取得する事はできません。

無犯罪証明の取得方法については、下記ウェブサイトをご確認ください。

Certificate of Citizenship・Naturalization certificateの再発行に関する質問、より詳しい情報については、米国移民局(USCIS)に直接お問い合わせください。