未成年者のパスポート申請における親の同意について

来館にはインターネットでの予約が必要です。

大使館(東京)ではノートパソコンや大きい荷物をお預かりすることはできません。詳細は、Prohibited Items をご覧ください。

ソーシャルセキュリティーの予約(ソーシャルセキュリティカードの申請など)は年金課(FBU.Tokyo@ssa.gov)にメールしてください。


• 札幌   • 東京   • 大阪/神戸    • 福岡   • 那覇

申請者が16歳未満の場合、1人でパスポート申請はできません。パスポートの申請用紙に両親から同意の署名をしていただく必要があります。
父親と母親、2人とも同行の上、申請者と一緒に大使館にお越しください。

もし両親が一緒に大使館にお越しいただけない場合


単独親権がある場合

申請と一緒に証明書類を提出してください。証明書類の例として、以下を参照ください:

  • 裁判所の判決により、子の親権保持者が明記された“離婚証明書”などの書類
  • 裁判所の判決により、子のパスポート申請を許可する内容が明記された書類(コピー可)
  • 片親のみが記載されている、子の出生証明書
  • 片親のみが記載されている、養子縁組の証明書
  • 親が出頭不能であることを示す裁判所の宣告書
  • 親の死亡証明書(例:申請に来られない親の死亡が記載された戸籍謄本)
  • 離婚と親権を持つ親の名前が記載されている戸籍謄本

など

外国(英語以外)の書類は必ず英訳が必要です。

一方の親が同行できない場合

もし一方の親が、子供のパスポート申請に同行できない場合、公証人の面前で「同意書DS-3053」にサインをして完成させ、子供のパスポート申請用紙と一緒に提出してください。

申請に同行できない親は:

  • 公証人の面前でサインと日付を書いたDS-3053と、
  • DS-3053作成時に公証人に提出したIDの両面をコピーしたもの
  • 項目「4. STATEMENT OF CONSENT」の中にある“Print Name(person applying for minor’s passport)”の欄は、子供と一緒に大使館に来る親の名前を記入してください。間違えて子供の名前を記入すると無効です。

DS-3053は原本のみ受付可能で、スキャンしたもの、コピーしたもの、発行から3ヶ月以上経過したものは受け付けられません。

注意:特定の国においてDS-3053を作成する場合、アメリカ大使館・領事館で公証したものしか受け付けない場合があります。

  • 現地の公証役場で公証したものは、申請書類として受け付けられない国は現在のところ、
アルジェリア、アンゴラ、バングラデシュ、ブルガリア、カンボジア、カメルーン、ドミニカ共和国、エジプト、赤道ギニア、エチオピア、ガボン、グアテマラ、ギニア、ハイチ、ホンジュラス、イラン、イラク、ジャマイカ、ケニア、ラオス、レバノン、リビア、リビア、マリ、モーリタニア 、モーリシャス、モルドバ、ニカラグア、ナイジェリア、北朝鮮、パキスタン、パナマ、サウジアラビア、セネガル、シエラレオネ、ソマリア、スーダン、シリア、ウガンダ、ウクライナ、アラブ首長国連邦、ベネズエラ、ベトナム、イエメン

が対象国です。

もう一方の親の所在が分からない場合、もしくはその他特別な理由がある場合

「特別な状況における宣誓書DS-5525」を提出してください。

  • 可能な限り詳細を書いてください。
  • 国際的な親による子の奪取を防ぐために、より詳しい情報をお聞きすることがあります(例:親権命令、投獄命令、禁止命令の有無など)
いずれの両親も申請に同行できない場合第三者でも親の代わりに申請することが出来ます。その場合、両親が代替申請の許可を明記した宣誓書を公証し、その書類を提出してください。
  • 宣誓書には両親のIDのコピーを付随してください。
  • もし代替申請の宣誓書に、一方の親からしか許可が無い場合、必ずその親の単独親権を証明する書類をお持ちください。