未成年者のパスポート申請における親の同意について

来館にはインターネットでの予約が必要です。

大使館(東京)ではノートパソコンや大きい荷物をお預かりすることはできません。詳細は、Prohibited Items をご覧ください。

ソーシャルセキュリティーの予約(ソーシャルセキュリティカードの申請など)は年金課(FBU.Tokyo@ssa.gov)にメールしてください。


• 札幌   • 東京   • 大阪/神戸    • 福岡   • 那覇

16歳未満の場合、お子様ご自身でパスポート申請はできません。ご両親とご同行の上、申請にいらしていただき、パスポートの申請用紙に同意の署名をしていただく必要があります。

ご両親のどちらかが申請時にご来館できない場合は、パスポート申請用紙、同意書DS-3053 (PDF 50KB) (当日ご同行できない親ご本人があらかじめ公証を受けたもの)及び、公証を受けた際に提示した身分証明書のコピーを提出してください。

注:同意書は、原本のみ受付可能です。コピーやプリントアウトは受付られません。同意書の原本と合わせ、公証時に提示した身分証明書のコピー(表&裏)を必ず提出してください。また、同意書の有効期限は、公証の受付日から3ヶ月です。公証を受けた同意書の1枚目には、公証の際に提示した身分証明書の情報が、公証人によって必ず記入されていなければなりません。お子様が16歳になるまでは、パスポート申請の都度新しい同意書が必要になります。   

単独親権を持つ片親の場合、パスポート申請用紙及び、単独親権の証明となる下記の書類を提出してください。

  • 単独親権を明記した裁判所の判決謄本(判決でお子様の渡航が制限されている場合は該当しません。)
  • 申請する片親が単独でパスポートの申請を許可する旨が明記された裁判所の判決謄本
  • 申請に来られない親権者が成年被後見人もしくは被保佐人であることが明記された裁判所の判決謄本
  • 離婚および親権者が明記されている戸籍謄本
  • 死亡証明書(例:死亡の事項が記載された戸籍謄本)

コピーされた書類は、認められません。原本を必ずお持ちください。

英文以外の書類は英訳もお持ちください。

片親が行方不明や連絡が不可能な状況にある等特殊な事情がある場合は、国務省のホームページの“Parental Consent” の箇所をご確認ください。