パスポート更新(大人16歳以上)

来館にはインターネットでの予約が必要です。

大使館(東京)ではノートパソコンや大きい荷物をお預かりすることはできません。詳細は、Prohibited Items をご覧ください。

ソーシャルセキュリティーの予約(ソーシャルセキュリティカードの申請など)は年金課(FBU.Tokyo@ssa.gov)にメールしてください。


• 札幌   • 東京   • 大阪/神戸    • 福岡   • 那覇

  • パスポート発行には通常3~4週間かかります。
  • 原本は申請書を確認後に返却いたします。
  • 現在保有されているパスポートの有効期限が切れている場合でも「更新の手続き」の扱いとなります。

郵送でパスポート更新をされる方へ重要なお知らせ

ゆうちょ銀行は、2019年12月30日をもって、国際郵便為替の発行を終了すると発表しました。この日以降、郵送でのパスポート更新に必要な国際郵便為替を、日本で(在日米軍施設を除く)購入することはできません。

2019年12月30日までに発行された国際郵便為替をお持ちの場合、国際郵便為替に記載されている有効期限の15営業日前、かつ、2020年2月28日必着で申請書類をご提出ください。(提出期限は早い方が適用しますのでご注意ください)

2020年1月より、日本国内でのパスポート更新は、米国大使館、もしくは領事館に直接ご来館のうえ申請していただく必要があります。

注意:この変更はU.S. Postal Service money orderを利用する方には影響ありません。米国大使館および領事館は、今まで通りU.S. Postal Service money orderを受け付けます。U.S. Postal Service money orderは、アメリカの郵便局、もしくは在日米軍施設にて許可された軍関係者の方のみ購入することが可能です。

お持ちのパスポートが、アメリカ国外で滞在できるだけの十分な有効期限があることを必ず確認してください。多くの国(日本を除く)は、6か月以上のパスポート有効期限を必要としますのでご注意ください。

申請には以下の物が必要です。

  • パスポート(有効期限内、または期限切れのいずれか)
  • 申請書
    現在所持しているパスポートが過去15年以内で満16歳以降に発行されている場合はDS-82、それ以外はDS-11 
    片面で印刷(オンライン申請書の記入方法について*注意:社会保障番号をすでに取得されている場合は必ず番号を申請用紙にご記入ください。取得されてない場合は、こちらをご参照ください。
  • 有効な身分証明書
    学生証、健康保険証不可
  • 氏名変更用の書類(該当者のみ)「原本+コピー1部」
    パスポート(有効期限内、または期限切れのいずれか)に記載されている氏名と、お持ちの身分証明書に記載されている氏名が一致しない場合、氏名が変更された事を証明する書類の原本を必ずお持ちください。(例:婚姻証明書、離婚証明・離婚判決の原本、裁判所により発行された名前変更の判決書類)公的書類が日本語の場合は、英訳もご提出ください。テンプレートも使用できます。
  • パスポート用写真1枚
    背景は白のみ可、サイズは5㎝×5㎝、眼鏡着用不可
  • ご返信用レターパック
    ご自身の住所を記入の上、いずれかのレターパックを一通ご持参ください。
    レターパックライト:370円、追跡サービス有り、受領印必要無し
    レターパックプラス:520円、追跡サービス有り、受領印、または署名必要
    ご住所がAPO/FPOの方は、ご自身の住所を記入の上、返送用封筒を一部ご持参ください。封筒は軍事郵便(MPS)により郵送されます。軍事郵便(MPS)は追跡ができません。
    *注意:2019年10月1日からレターパックの料金が10円値上がりします。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 申請料

管轄の大使館・領事館にて窓口での更新手続きになります。必ずご予約のうえご来館ください。

申請には以下の物が必要です。

  • パスポート(有効期限内、または期限切れのいずれか)または、米国籍の証明(原本)
  • 申請書DS-11
    片面で印刷(オンライン申請書の記入方法について
    *注意:社会保障番号をすでに取得されている場合は必ず番号を申請用紙にご記入ください。取得されてない場合は、こちらをご参照ください。
  • 有効な身分証明書 (原本+コピー1部)
    学生証、健康保険証不可
  • 氏名変更用の書類(該当者のみ)「原本+コピー1部」
    パスポート(有効期限内、または期限切れのいずれか)または、米国籍の証明に記載されている氏名と、お持ちの身分証明書に記載されている氏名が一致しない場合、氏名が変更された事を証明する書類の原本を必ずお持ちください。(例:婚姻証明書、離婚証明・離婚判決の原本、裁判所により発行された名前変更の判決書類)公的書類が日本語の場合は、英訳もご提出ください。テンプレートも使用できます。
  • パスポート用写真1枚
    背景は白のみ可、サイズは5㎝×5㎝、眼鏡着用不可
  • ご返信用レターパック
    ご自身の住所を記入の上、いずれかのレターパックを一通ご持参ください。
    レターパックプラス:520円、追跡サービス有り、受領印、または署名必要
    レターパックライト:370円、追跡サービス有り、受領印必要無し
    ご住所がAPO/FPOの方は、ご自身の住所を記入の上、返送用封筒を一部ご持参ください。封筒は軍事郵便(MPS)により郵送されます。軍事郵便(MPS)は追跡ができません。
    *注意:2019年10月1日からレターパックの料金が10円値上がりします。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 申請料

下記の条件に該当し、かつ、U.S. Postal money orderで支払いが可能な場合、郵送による更新が可能です。下記の条件に該当しない場合やU.S. Postal money orderをお持ちでない場合は、窓口での更新手続きが必要になります。

    • 現在保有しているパスポートは、15年以内に発行されている。
    • 現在保有しているパスポートは、満16歳以降に発行されている。
    • 現在保有しているパスポートは、現行の名前で発行されている。(ただし婚姻証明書、離婚証明・離婚判決の原本、裁判所により発行された名前変更の判決書類、いずれかをパスポート申請書類と一緒に提出していただければ、パスポートの名前を変更することができます。)

    以下の1-5 の書類等を管轄の大使館/領事館へご郵送お願いいたします。

    • 申請書を米国のNational Passport Processing Centerに郵送しないでください。手続きが大幅に遅れます。またExpedited Services やOvernight Deliveryは適用されません。
    1. パスポート(有効期限内、または期限切れのいずれか)
    2. 申請書 DS-82(1ページ目に署名)署名をお忘れなく。申請用紙に記載されている申請料金ご案内は、米国国内向けです。日本国内での料金は、下記の「U.S. Postal Service money order」のページをご参照ください。(オンライン申請書の記入方法について

      *注意:社会保障番号をすでに取得されている場合は必ず番号を申請用紙にご記入ください。取得されてない場合は、こちらをご参照ください。
    3. パスポート用写真1枚
      背景は白のみ可、サイズは5㎝×5㎝、眼鏡着用不可
    4. ご返信用レターパック(折り畳可)
      ご自身の住所を記入の上、いずれかのレターパックを一通。
      レターパックライト:370円、追跡サービス有り、受領印必要無し
      レターパックプラス:520円、追跡サービス有り、受領印、または署名必要
      ご住所がAPO/FPOの方は、ご自身の住所を記入の上、返送用封筒を一通。封筒は軍事郵便(MPS)により郵送されます。軍事郵便(MPS)は追跡ができません。
      *注意:2019年10月1日からレターパックの料金が10円値上がりします。詳しくはこちらをご覧ください。
    5. U.S. Postal Service money order
      パスポートの更新料は$110です。「Expedited service」「Overnight delivery」はアメリカ国内のみのサービスです。更新料以外の料金を含めないようにご注意ください。
      支払先:「U.S. Department of State」
      住所:「PSC 471 Box 1111, FPO, AP 96347」

臨時パスポートを更新するには、臨時パスポート更新のページをご覧ください。