競争力トップに返り咲く米国経済

世界経済フォーラム(WEF)の世界競争力ランキングが発表され、2007年から2009年の金融危機以来初めて、米国がトップに返り咲きました。

注目を浴びるWEFの国際競争力レポートでは、米国の強い労働市場や金融制度に加え、活気のある起業文化が賞賛されています。