プレスリリース ー 米国が米海兵隊普天間飛行場沿いの土地4ヘクタールを返還

*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

2017年8月1日

米国政府は本日、先の日米合意に基づき、市道宜野湾11号に平行する米海兵隊普天間基地東側の土地4ヘクタールを返還した。

今回の土地返還は、日本全土に対する米国の安全保障義務を維持しつつ、沖縄県民への米軍の影響を軽減する米国の継続的な取り組みを示すものである。この返還は、日米同盟が米軍再編の努力を、引き続き有意に進展させていることをあらためて証明するものである。将来の安全保障の課題により効果的に対処するため、在沖縄米軍の再編を継続するなかで、米国政府は、今回の土地返還履行に向けた日本政府の努力、ならびに日米同盟を強化および近代化するための継続的な取り組みに感謝する。