日米比印が南シナ海で航行訓練を実施

日本、米国、インド、フィリピンの4カ国の艦船が、初めてとなる合同訓練を南シナ海で実施しました。自由で開かれたインド太平洋地域における貿易ルートの保護と経済安全保障のための国際協力の一部として、艦船は5月2日から8日にかけて、韓国・釜山からシンガポールまでの航行を行いました。