日米安全保障協議を開催

*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

国務省報道官室
2021年3月4日

日米両国は2021年3月4日、オンラインで安全保障協議を開催した。この協議は、日米同盟が強固であり、引き続き弾力的であることを両政府が示す機会となった。出席者は、域内課題と日米間の防衛協力に加え、新型コロナウイルス感染症の影響を含むインド太平洋での安全保障環境について意見交換を行った。両国は、東シナ海や南シナ海における武力や抑圧で現状を変更しようとする一方的な試みに対して強い反対をあらためて表明し、中国政府の海警法に関する意見交換を行い、深い懸念を共有した。日米は、自由で開かれたインド太平洋の維持、抑止力および対応能力の拡大、かつてないほど強固な日米同盟の強化において、引き続き緊密に連携することを確認した。

マーク・ナッパー国務次官補代理(日本・韓国担当)およびメアリー・ベス・モーガン国防次官補代理代行(東アジア安全保障担当)が米政府を代表した。日本政府側は、外務省の有馬裕北米局参事官および防衛省の大和太郎防衛政策局次長が代表した。