日米の科学者が ノーベル医学生理学賞を受賞

2018年の ノーベル医学生理学賞は、米国のジェームズ・P・アリソン博士と本庶佑・博士が  免疫を利用したがん治療法開発への貢献を認められ共同受賞しました。

この受賞のニュースを受け、ハガティ大使は、「 ジェームズ・アリソン博士と本庶佑博士、 受賞おめでとうございます!お二人は多くの命を救う、がん免疫療法におけるパイオニアです! 」とツイートしました。